連載
» 2009年03月12日 13時10分 UPDATE

2-6.住まいの選択、完全理解!:マンションVS.一戸建てはどちらが幸せ?――住空間の満足度で比較する (1/3)

「マンション」にするか「一戸建て」にするか。価格、立地などほかの大事な要素もありますが、単純に住空間の満足度だけで比較するとどちらに軍配が上がるのか。その答えは、あなたが住まいに何を求めるかで決まります。

[HOME'S]
HOME'S

「住まいの選択、完全理解!」とは?

人の暮らしに欠かせない「衣食住」の中の1つ、「住まい」。人のライフスタイルが様々になったように、住居形態や住み方にもたくさんの選択肢が増えました。でも、あなたは自分に本当に合う住居スタイルをすぐにイメージできますか?  本連載では、住まい選びをする際のお手伝いとなるポイントをまとめていきます。

※本記事はHOME'S CLUBが執筆しています。本記事のテーマに関連するさまざまな調査結果や、住まいにまつわる一般の声についてはHOME'S CLUBの「住まいの選択、完全理解!」で読むことができます。


 マンションと一戸建てを比べる際の基準は、あなたのライフスタイル、ライフステージに置くといいのではないでしょうか。家にいる時間帯、時間の長さと言い換えてもいいかもしれません。共働きでほとんど日中は留守にする、そんな家庭には鍵1本で戸締りできる(今は2本かもしれませんが)、マンションの利便性がありがたいものです。実際、マンションの共用部分で「必需品」と考えられている施設や設備の上位には、テレビモニター付きオートロックシステムや、24時間セキュリティシステムが上げられています。

 また、「家でのんびりくつろぐには庭がないとダメ」という人もいますが、「自然は嫌い、好きな家具や家電に囲まれた空間の方が落ち着ける」という人も多いはず。そういう空間を作りやすい、管理しやすいのはやはりマンションの方でしょう。

 高層マンションは手軽に風景を楽しめるという点で忙しい人向きの条件です。庭は何といってもお手入れが大変ですから。その意味では、年配になって一戸建てからマンションに移る人が多いのはよく分かります。手間をかけずに便利に快適に暮らせるというのがマンションの住空間の特徴です。

ah_7-2-1.jpg
       1|2|3 次のページへ

(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集