連載
» 2009年03月11日 13時23分 UPDATE

FX好きを探せ:デイトレよりもさらに短期間――スキャルピングという手法とは? (1/2)

FXといえば「短期間で利益を狙う」といったイメージを持っている人も多いだろう。今回紹介するN・Kさんは数時間での売買を繰り返しているが、果たして利益は出ているのだろうか?

[マネーライフNavi]
マネーライフナビ
yd_money.jpg 今回はN.Kさんに話を聞きました

 「FX(外国為替証拠金取引)」と聞いて、どんことをイメージするだろうか? 中には投資信託などの金融商品と違って、「短期売買で利益を狙う」といったイメージを浮かべる人もいるだろう。特に高レバレッジを効かして取引をしていれば、数日というより、2〜3時間で決済するケースも珍しくない。

 そこで今回は日中は会社員として働きながらも、FX取引をしているN.Kさんの事例を紹介する。普段、N.Kさんは忙しい生活を送っているため、「スキャルピング」という手法で売買を繰り返している。そのスキャルピングとはどのような手法なのだろうか? FXの投資経験はまだ1年ほどだが、試行錯誤しながら取引を行っているN.Kさんに話を聞いた。

取引プロフィール

N.Kさん(男性)会社員32歳

本人コメント:レバレッジを高くして少しの値動きで取引します。

1.投資経験は?

株式投資2年。FXは1年前からです

2.元手はいくら?

50万円です。

3.取引通貨は?

NZドル/円。

4.取引する時間帯は?

経済関係の統計発表がある時間帯です。

5.よく使うチャートは?

ローソク足。

6.取引期間は?

長くても2日。ほとんどが数時間。

7.成績は?

今のところプラスマイナスゼロです。

――なぜFXをはじめたのですか?

 これまで転職を2回経験し、ようやく仕事が落ち着いたころで30歳になりました。特に貯蓄はなかったのですが、将来のことを考えそろそろ「資産運用しよう」と決意。元手は10万円と少ない資金でしたが、株式投資を始めました。初めてのことばかりでしたが、興味深く見ていたのでそれほど難解とは感じませんでした。

 株式投資を始めたのは資産形成が目的だったので、長期投資を基本に考えていました。しかしチャートを使ったデイトレードにも興味を持ち始め、やがてFXのことを知りました。FXについて調べてみたところ、「デイトレなどの短期売買にはもってこいの商品だ」と思いました。買いだけでなく売りもでき、さらに手数料などのコストが安い。このほか元手資金が少なくて済むなど、柔軟性と機動力のある商品だと感じました。

 とはいえ、デイトレなどの短期トレードは初めてでしたので、まずはFX取扱会社などで提供している、デモトレードを試しました。私の信条は“習うより慣れろ”で、とにかくいろいろ試し、分からないことはその都度調べていきました。そしてデモトレードでは、元手50万円を1カ月で80万円に増やすことができました。

       1|2 次のページへ

(C) MoneyLifeNavi. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集