ニュース
» 2009年03月02日 17時00分 UPDATE

ソニー新「BRAVIA」、FeliCa対応リモコンで決済容易に

ソニー「BRAVIA」の新製品は、動きの速い映像に強い4倍速表示機能や、FeliCaポートを搭載した新リモコンが付属するのが特徴だ。

[ITmedia]

 ソニーは3月2日、液晶テレビ「BRAVIA」の新製品を4月24日に発売すると発表した。スポーツなど動きの速い映像に強い4倍速表示機能や、FeliCa読み取り機能を搭載した新リモコンが付属するのが特徴だ。

photo

 発売するのは「W5」シリーズ3機種(52V、46V、40V)と、「F5」シリーズ3機種(46V、40V、32V)。オープン価格で、実売予想価格はW5シリーズの52V型「KDL-52W5」が45万円前後、F5シリーズの46V型「KDL-46F5」が35万円前後など。

photo モーションフロー240Hzの解説

 フルHD(1920×1080ピクセル)・4倍速(240Hz)での表示に対応(F5シリーズの32V型除く)。4倍速表示技術「モーションフロー240Hz」は、60分の1秒間に3つの映像を新規に生成し、映像のコマ数を増やすことで残像感を低減する。さらに映像のぼやけを補正する独自技術も搭載し、動きの速いスポーツなどを滑らかにくっきりと表示できるという。

 6機種とも、非接触IC技術・FeliCaに対応した専用リモコンが付属する。アクトビラの映像配信サービスに対応し、映画などをVOD(ビデオオンデマンド)で視聴する際の料金決済をEdyカード、eLIOカード、おサイフケータイ対応携帯電話をかざすことで行える。

photo FeliCaでの支払いには会員登録なども不要。視聴履歴が残ることもないという

 アクトビラの有料コンテンツを視聴する場合、従来はテレビのリモコンからクレジットカード番号を事前登録したり、視聴のたびごとに入力するなどの手間が必要だった。FeliCa対応リモコンを活用することで手軽かつ安全に決済できるようになり、利便性が大幅に向上するとしている。Edyのチャージや残高照会も可能だ。

 ソニーマーケティングの粂川滋ディスプレイマーケティング部統括部長は「テレビで安全に決済できる方法は、ユーザーの心のハードルを取り除く非常に重要な要素。テレビがネットワークにつながることによる新しい楽しみ方を提案していきたい」と話している。au携帯電話からBRAVIAに写真を送信できる「ポストカード」機能のプロモーションも、KDDIと連携して展開していく。

関連キーワード

BRAVIA | ソニー | FeliCa | リモコン | 240Hz駆動 | アクトビラ | Edy | eLIO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集