調査リポート
» 2009年03月02日 12時10分 UPDATE

食品のテレビCMを見て、実際に購入したことがある人は約半数

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 食品の魅力を多くの人々に動画で伝えられるテレビCM。どれくらい効果があるのだろうか。

 アイシェアの調査によると、「食品のテレビCMを見た後にその食品を食べたくなったことはありますか?」と尋ねると、「ある」は63.4%。男女別に見ると、男性(56.9%)よりも女性(71.4%)の方が「ある」の比率が高かった。

ah_tabe.jpg 食品のテレビCMを見た後にその食品を食べたくなったことはありますか? (出典:アイシェア)

 食べたくなったことがある人に「その食品(飲料は除く)は何ですか?」と聞くと、最も多かったのは「ピザ」で44.9%。以下、「カレー」(43.2%)、「ドーナツ」(36.9%)、「即席めん(インスタントラーメン・カップめんなど)」(35.2%)、「チキン」(35.2%)、「チョコレート・チョコレート菓子」(31.6%)が続いた。

 男性では「カレー」(45.0%)、「即席めん(インスタントラーメン・カップめん)」(40.3%)、「ピザ」(38.3%)の順だったが、女性では「ピザ」(51.3%)、「ドーナツ」(48.0%)、「チキン」(44.1%)と違いがあった。

 食べたくなったことがある人のうち実際に購入したことがある人は70.8%。全体から見ると44.8%の人が購入経験があるようだ。男女別では、男性(37.8%)より女性(53.5%)の方が購入経験のある比率は高かった。

 インターネットによる調査で、対象は男女475人(男性55.2%、女性44.8%)。調査期間は2月10日から16日。

ah_syoku.jpg (食べたくなったことがある人に)その食品は何ですか? (出典:アイシェア)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集