ニュース
» 2009年02月28日 23時30分 UPDATE

まるでひまわり!? 太陽の動きに合わせて太陽光パネルの向きを変化――APOLO 112

[堀内彰宏,Business Media 誠]
ah_model.jpg APOLO 112のモデル

 2月25〜27日の3日間、東京ビッグサイトで行われた第2回国際太陽電池展(PV EXPO)。その会場で見かけたのが、スペインAplicaciones Solares Apolo社の「APOLO 112」。太陽の動きに合わせて太陽光パネルの向きを変化させ、最も効率よく発電できる方向を保たせるシステムだ。方位角は252度、仰角は60度動かすことが可能で、方向を固定した時よりも「40%多く発電できる」(同社)という。

 APOLO 112に搭載できる太陽光パネルは最大80平方メートルまで。設置するためには、地面を3メートル掘り返す必要があるため、「山の上には設置できるが、ビルの屋上などには設置できない」(同社)。また、強風でシステムに危険性が及ぶ可能性がある時には、自動的に空気抵抗が減るような位置へと傾きを調整して、危険がなくなるまで発電を停止する。

 同社では「2007年から欧州で販売しており、これまでに600台販売している。これからアジア市場への進出を狙っている」とコメント。価格は1台あたり7350ユーロ(太陽光パネルは別売り)。駆動システムの保障期間は2年、構造部分の保障期間は10年。

ah_seinou.jpg APOLO 112の概要(出典:Aplicaciones Solares Apolo)

関連キーワード

太陽光発電 | スペイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集