調査リポート
» 2009年02月23日 14時08分 UPDATE

自宅の居心地がよい場所で、どんなことをしていますか?

[Business Media 誠]

 自宅の中で、最も居心地のよい場所(空間)は? マイボイスコムの調査によると、最も多かったのは「リビング」(53.7%)が断トツ、次いで「寝室」(22.6%)、「書斎」(7.7%)、「ダイニング」(3.8%)であることが分かった。

yd_home1.jpg 居心地のよい場所(出典:マイボイスコム)

 また居心地がよいと思う理想の場所を聞いたところ「リビング」が51.0%で、2位以下を大きく引き離した。以下「書斎」(15.5%)、「寝室」(14.0%)と続いた。

 自宅で居心地のよい場所があるという人に、その理由を聞いたところ「落ち着く」がトップで50.2%。以下「ゆっくりできる」(33.3%)、「家族が集まる」(28.7%)、「明るい」(22.3%)、「趣味に没頭できる」(19.2%)という結果に。

リビングでの理想のくつろぎかた

 自宅の居心地のよい場所で、どんなことをしている人が多いのだろうか。最も多かったのは「テレビを見たり、DVDなどを鑑賞する」で62.9%、次いで「くつろぐ、ごろごろする、寝る」(60.2%)、「PCでメールチェックやインターネットを利用する」(56.2%)、「新聞や雑誌、もしくはマンガや趣味の本などを読む」(46.6%)だった。

yd_home.jpg 居心地のよい場所で行っていること(出典:マイボイスコム)

 リビングでの理想のくつろぎかたを聞いたところ「ごろ寝したり読書したりテレビを見たり、家族がそろう所でくつろぎたい」(男性65歳)、「お気に入りのインテリアをそろえて広い空間でのんびりしたい」(女性33歳)、書斎については「ドアを閉め、1人きりで趣味に没頭したい」(女性33歳)、「くつろぐというよりは、集中する場所である」(男性55歳)

 インターネットによる調査で、1万5056人(男性46%、女性54%)が回答した。調査期間は2月1日から2月5日まで。

関連キーワード

家族 | インテリア | 物件


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集