調査リポート
» 2009年02月23日 12時45分 UPDATE

視力が低下した理由は?

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 長時間PCに向かっていたり、暗いところで読書していたりすると視力は低下するもの。最近はコンタクトを使っている人が多いとはいえ、目が悪い人にとって必須なのがメガネだ。

 アイシェアの調査によると、度入りのメガネを持っている人は77.1%。その内訳は「1本」31.6%、「2本」(22.2%)、「3本」(13.2%)、「4本」(3.5%)、「5本以上」(6.7%)だった。

 男女別に所有率を見ると、男性(73.5%)より女性(80.8%)の方が高かった。年代別に見ると、20代(69.8%)より30代(76.3%)や40代(76.7%)の方が高い。しかし、「5本以上」持っている人は若い世代ほど多かった(40代4.7%、30代7.0%、20代11.6%)。

 メガネを2本以上所有している人に、どのようにメガネの使い分けをしているかを自由回答形式で聞くと、「仕事とプライベート」「室内用と外出用」という意見が多い。「服装」や「気分」といった答えもあり、「メガネをファッションアイテムや自己表現の手段として活用している様子がうかがえる」(アイシェア)。また、映画鑑賞時や運転時のみ、度数の強いメガネにかけかえるという意見もあった。

ah_doimega.jpg あなたは度入りのメガネを何本持っていますか? (出典:アイシェア)

 どうして目が悪くなったのだろうか。メガネを持っている人に「視力が落ちた原因は何だと思いますか?」と尋ねると、最も多かったのは「パソコン」で40.1%。以下、「勉強」(38.6%)、「読書(書籍)」(30.2%)、「暗いところでの作業(趣味・勉強など)」(26.9%)、「テレビ」(22.5%)、「遺伝」(21.6%)、「ゲーム」(21.3%)、「読書(マンガ)」(20.7%)、「インターネット」(18.9%)が続いた。

 年代別に見ると、世代が下になるほど「ゲーム」(40代11.1%、30代24.8%、20代53.3%)や「インターネット」(40代13.1%、30代21.3%、20代33.3%)の比率が高くなった。

 インターネットによる調査で、対象は男女433人(男性50.6%、女性49.4%)。調査期間は1月2日から5日。

ah_otigen.jpg 視力が落ちた原因は何だと思いますか? (出典:アイシェア)

関連キーワード

メガネ | アイシェア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集