調査リポート
» 2009年02月20日 07時00分 UPDATE

結婚相手に求める年収はいくら?

結婚したいと思っている人はどのくらいいるのだろうか? 自立人(フリーター)協会の調査によると、20代〜30代の9割は「結婚したい」と回答。しかし一般論として結婚は必要か? との質問に対し、3人に1人は「必要でない」と答えた。

[Business Media 誠]

 2005年の国勢調査によると、30歳から34歳までの男性の47.1%、女性の32.0%が未婚で、10年前と比べて男性で9.8ポイント、女性で12.3ポイント上昇している(関連リンク)。最近では「婚活」といった言葉も登場しているが、若い人は結婚についてどのように考えているのだろうか?

 結婚したいかどうか、と聞いたところ「(結婚)したい(どちらかといえば結婚したいを含む)」は91.4%に達していることが、パソナグループの自立人(フリーター)協会の調査で分かった。しかし一般論として考えた場合、「結婚を必要」と思うかどうかについて尋ねると「必要(どちらかといえば必要を含む)」は男性が61.4%、女性が66.9%と、潜在的な願望に比べるとかなり低くなった。「結婚は必ずしも必要ではない」との回答は男性で34.2%、女性で32.1%と、結婚しない生き方も1つの選択肢と考える層が、男女共に3人に1人以上いるようだ。

yd_wedding.jpg 一般的に考えて「結婚」は必要? (出典:自立人〈フリーター〉協会)

 また結婚の良いと思う点について聞いたところ「家族や子どもを持てる」がトップで22.4%、次いで「好きな人と一緒にいられる」(16.9%)、「喜びや悲しみを分かち合える」(17.0%)。「男女共に『経済的な安定』や『社会的な信用』といった回答は少なく、家庭や子どもを持つことによって感情面や精神面で得られるものを重視しているようだ」と、自立人(フリーター)協会は見ている。

 インターネットと街頭による調査で、20代と30代の男女183人が回答した。調査期間は2008年10月1日から10月15日まで。

結婚相手の仕事に求めるもの

 20代の人は結婚相手にどのくらいの収入を求めているのだろうか? 男性では「300万円以上」という人が35.2%だったが、「こだわらない」が60.6%で断トツ。一方の女性は「こだわらない」「500万円台」(いずれも19.6%)、「400万円台」(16.1%)、「600万円台」(12.5%)という結果に。男女共に相手の年収にこだわらない人が多いようだ。

yd_weddinng1.jpg 結婚相手に求める年収(出典:自立人〈フリーター〉協会)

 また結婚相手の仕事に求めることを聞いたところ、男性は「その人のしたい仕事」(19.5%)、「休みをとりやすい」(14.3%)といった回答が目立ち、女性は「収入が安定している」(17.5%)、「正社員である」(12.3%)などが多かった。

関連キーワード

結婚 | 給料 | 子供 | 家族


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集