調査リポート
» 2009年02月19日 13時00分 UPDATE

若者は日本映画がお好き――C-NEWS調査

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 世界中の映画ファンが注目するアカデミー賞の授賞式が2月22日に行われるが、日本人はどのような映画を好んでいるのだろうか。

 C-NEWS編集部の調査によると、製作国(地域)による映画の好みを尋ねたところ、トップは「洋画(ハリウッド映画)」で50%。以下、「邦画(日本映画)」(32%)、「特にない」(9%)、「洋画(欧州映画)」(5%)、「アジア映画」(2%)が続いた。

 年代別に見ると若い世代ほど、洋画(ハリウッド映画)を好む比率が下がり(50歳以上58%、40代63%、30代49%、20代45%、10代39%)、邦画(日本映画)を好む比率が上がっている(50歳以上26%、40代27%、30代31%、20代39%、10代39%)。

ah_eikono.jpg 製作国(地域)による映画の好みについてうかがいます。あなたは、どのような映画が好きですか? 最も好きな種類をお選びください(出典:C-NEWS編集部)

映画を見る回数は

 どれだけ映画を見るのだろうか。場所や手段ごとに「あなたは最近1年間に何回映画を見ましたか?」と尋ねると、トップは「無料テレビ放送」で7.2回。以下、「レンタルDVD・ビデオ」(5.4回)、「映画館」(2.7回)、「無料ネット配信」(1.8回)、「有料テレビ放送」(1.7回)、「セルDVD・ビデオ」(1.3回)、「有料ネット配信」(0.2回)が続いた。

 すべてを合計すると1年間に映画を見た回数は20.3回となり、2008年調査の22.1回からは1.8回減少している。

ah_nanei.jpg あなたは、最近1年間に何回映画を見ましたか? 以下の場所・手段それぞれについてお答えください(出典:C-NEWS編集部)

 映画館で作品を決める時に何を重視するかを尋ねたところ、トップは「ストーリー」。以下、「作品のジャンル」、「好きなシリーズの作品であること」、「出演者・キャスト」、「話題性」、「上映館の場所」が続いた。一方で、「作品の長さ・上映時間」、「有名な評論家の勧め」、「監督」などはそれほど重視されなかった。

 インターネットによる調査で、対象は男女1000人(男性500人、女性500人)。調査期間は2月6日から7日。

ah_eigazan.jpg 映画館で見る作品を決めるとき、あなたは、どのような情報を参考にすることが多いですか? (出典:C-NEWS編集部)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集