ニュース
» 2009年01月21日 07時00分 UPDATE

ベンチャーフェア Japan2009:攻撃的に危険から身を守る!? 盾に催涙スプレーが入った防犯グッズ

凶悪事件などをテレビで見る機会が増えたような気がするが、防犯グッズを持っている人はどのくらいいるのだろうか? 防犯ベルやセンサーライトでもない、ちょっと変わった防犯グッズを紹介しよう。

[土肥義則,Business Media 誠]

 1月20日から1月22日まで、東京の国際フォーラムで開催されている「ベンチャーフェア Japan2009」。今年で11回目を迎えるイベントだが、今回はどのような企業が出展しているのだろうか? 

指1本で相手を撃退

yd_tate.jpg 撃盾(クリックして拡大)

 凶悪事件などのニュースをテレビで見るたびに、不安に感じる人も多いはず。「自分の身は自分で守らなければ」と思い、防犯ブザーなどを購入した人もいるだろう。しかしそれでも“不安”に感じるのはなぜだろうか。防犯グッズはスタンガンや催涙スプレーなどの“攻撃型”、防犯ベルやセンサーライトなどの“守り型”と、1つのグッズで両方を満たしているものが少ないからかもしれない。

 そこで自分の身を守りながら、相手を攻撃できる防犯グッズを開発したのが警備品開発会社「安全規格販売」だ。同社が扱っている「撃盾」は、盾に催涙スプレーを内蔵。最近では学校やコンビニなどで盾が配備されており、防御には役立っているものの「“攻撃”することが難しい」といった声が多かった。こうした声を受け、同社では指1本で相手を撃退できるように、盾に催涙スプレーを内蔵したグッズを開発した。

刃物や鉄パイプから身を守ることも

 撃盾は警察や警備会社向けの大きいタイプから、写真立てサイズまでを用意。玄関に撃盾の写真立てを置いていても、多くの人はそれに催涙スプレーが内蔵しているとは気付かないだろう。

 盾の後に付いているボタンを押せば、催涙スプレーが2メートルほど噴射される。催涙スプレーを吹き付けられると、20〜30分ほどせきやくしゃみが止まらないほか、目や鼻、のどの痛みで攻撃能力を失うという。ガスの成分は唐辛子とマスタードが3%ずつ含まれているほかは、フロン系のガスが94%。「一時的に激しいせきや目の痛みなどがともないますが、後遺症が残ることはありません」(安全規格販売)とのこと。

yd_tate1.jpgyd_tate2.jpg 横から見た撃盾(左)、後ろに付いているボタンを押せば催涙スプレーが噴射される(右、クリックして拡大)

 また盾には、強化ガラスの150倍以上の強度があるポリカーボネイトを使用。厚さ4ミリ〜5ミリのポリカーボネイトを使用しているため、「刃物や鉄パイプから身を守ることができる」(同)という。

 一緒にしなくても盾と催涙スプレー、2つを置いておけばいいのでは? と思う人もいるだろう。この疑問に対して「イザというとき催涙スプレーを取りそこなったり、逆向きに噴射するケースも多い。(撃盾の)写真立てであればつかみやすいし、逆向きに噴射することはない。素早く自分の身を守れるのでは」(同)と話した。

yd_tate5.jpg 撃盾の価格は1万5750円から、催涙スプレーは3150円

関連キーワード

防犯 | 写真 | ベンチャー | 不安 | フロンガス | 警察 | 唐辛子


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集