調査リポート
» 2009年01月14日 17時11分 UPDATE

景気後退でも……住宅購入を検討する理由

不動産価格が下落している昨今だが、これを好機と見て住宅の購入を検討している人も少なくないようだ。HOME'S調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 サブプライムローン問題に端を発した金融不況の影響で、中古マンションの価格も下落基調にある。住宅を購入しようとしている人たちは、今が底値とみて買い時と思っているのか、それともさらなる下落に備えて購入を手控えているのか、どちらなのだろうか。

 住宅・不動産情報ポータルサイト HOME'Sの調査によると、2007年9月以前から住宅購入を検討していた人に「景気後退の市況を受けて住宅購入の計画に生じた変化」を尋ねたところ、「条件を変えて検討を続けている」が54%、「特に購入計画に変化はない」が33%、「しばらく様子をみることにした」が12%だった。買い控えずに検討を続ける人が全体の9割弱を占めている。

ah_keozyuko.jpg 景気後退の市況を受けて住宅購入の計画に生じた変化(出典:HOME'S)

 なぜ、買い控えず検討を続けているのだろうか。買い控えていない人に「景気後退局面といわれているこの時期に、あえて住宅購入を検討(または購入)した理由」を聞くと、トップは「今は価格が下がっていて、むしろ買い時」で30.8%だった。以下、「特に理由はない」(25.6%)、「希望に合う物件がありそうだから」(14.5%)、「消費税が上がるかもしれないから」(14.4%)、「住宅ローン減税があるうちに買いたい」(13.3%)などが続いた。

ah_aezyu.jpg 景気後退局面といわれているこの時期に、あえて住宅購入を検討(または購入)した理由(出典:HOME'S)

 しかし、買い控えずにいる人でも、半数以上は当初の条件を変えて検討を続けている。「変えた条件の具体的内容」を尋ねると、最も多かった理由は「駅から遠くなる物件も検討」で15.2%だった。以下、「古い築年の物件も検討」(13.8%)、「狭い物件も検討」(11.0%)、「より郊外エリアも検討」(10.7%)、「検討エリアを変更」(7.3%)が続いた。

 インターネットによる調査で、対象は関東1都3県在住で2007年10月以降に中古住宅を購入、もしくは2007年9月以前から住宅購入(新築・中古問わず)検討を開始して現在も中古住宅購入を検討している622人。調査期間は2008年10月31日から11月1日。

ah_kaezyo.jpg 変えた条件の具体的内容(出典:HOME'S)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集