ニュース
» 2009年01月05日 14時30分 UPDATE

ガソリンが安くなっても、運転頻度は変わらない?

2008年の夏はレギュラーガソリンの価格が185円まで上がり「ガソリンが高くなって、運転回数を減らした」という人が多かった。最近ガソリン価格は急速に安くなっているが、ドライバーの運転頻度は上がっているのだろうか? アイシェア調べ。

[Business Media 誠]

 ここへ来て値下がり傾向に転じたガソリン価格。石油情報センターの調査によるとレギュラーガソリンの全国平均価格は、2008年8月には1リットル当たり185円まで上昇したが、2008年年末には110円まで下がった。最近では98円前後の表示をするガソリンスタンドをよく目にする。

 ガソリンが高くなった2008年夏には、運転回数を減らしたり、燃料を節約する運転を心がける人が増えたという調査結果が出ているが(参照記事)、ガソリンが安くなったことで、自動車ユーザーの運転頻度は増えたのだろうか。

運転頻度が増えた人は12.5%

 アイシェアの調査によると、車やバイクを運転する人に今年の夏と比べて運転頻度に変化はあるかを聞いたところ、「ある程度運転頻度は増した」と答えた人は12.5%。76.9%が「変わらない」と回答した。

 運転頻度が増したと答えた人が多いのは20代(「増した」7.4%、「ある程度増した」11.1%)。逆にあまり影響を受けていないのは40代で、82.5%が「変わらない」と回答している。

ay_ishare3.gif
ay_ishare1.gif ガソリンが値下げされましたが、今年の夏と比べて車やバイクの運転頻度に変化はありましたか?

もっとも値下げしてほしいのも“ガソリン”

ay_ishare2.gif あなたが最も値下げして欲しいと思う商品は何ですか?(クリックすると全体を表示)

 運転頻度が変わらないとはいえ、やはり最も値下げしてほしいのはガソリンのようだ。内閣府が2008年10月に調査した生活必需品の価格調査で値上がりしていた商品について「最も値下げしてほしいと思う商品」について尋ねたところ、トップは「レギュラーガソリン」(22.6%)、2位は「灯油」(12.1%)となった。3位以下は「小麦粉」(10.3%)、「即席めん(カップラーメンやカップ焼きそばなど)」(8.3%)、「食パン」(7.9%)、「ビール」(6.6%)と、小麦粉関連の食品が並んだ。

 インターネットによる調査で、男女456名が回答した(男性58.8%、女性41.2%)。調査日は2008年12月4日から12月8日まで。

関連キーワード

ガソリン | 原油高 | 値下げ | 自動車 | バイク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集