インタビュー
» 2008年12月25日 11時30分 UPDATE

東大生の“投資脳”に迫る:東大生のボクが、あの会社に注目した理由 (1/4)

株式投資の運用成績と偏差値に関係性はあるのだろうか。もし「関係がある」とすれば、偏差値トップの東大生はどういった考えで投資をしているのだろうか。そこで現役東大生の“投資脳”に迫った。

[土肥義則,Business Media 誠]
yd_toudai1.jpg 東京大学駒場キャンパスの13号館

 株式市場の世界に“偏差値”は関係ないのだろうか。株式市場は誰でも自由に参加できるため間口は広いものの、知識や経験がなければ生き残ることは難しい。たとえ豊富な経験や知識を持ち合わせていたとしても、市場からの“退場を”余儀なくされる人も多いのだ。

 なので偏差値と運用成績は関係ないと考えている……いや信じようとしている人は、株式関係者の間でも少なくない。

 10月14日、東京ミッドタウンでのことだった。日興アセットマネジメントのビル・ワイルダー社長は「私たちも運用成績と偏差値は関係ないと思っているのですが……結果は東京大学の学生が1位でした」とつぶやいた。日興アセットマネジメントは2008年4月から、バーチャルトレード選手権「投信王」(夏の陣:7〜9月)を実施しており、その表彰式を開催していた。投信王とは10億円の仮想資金を日本株で運用し、その成績を競うというもの。しかしご存じの方も多いと思うが、7〜9月の株式市場は荒れていた。米リーマン・ブラザーズや大手不動産会社などの経営破たんが相次ぎ、株式市場は不安心理が蔓延(まんえん)していた。

 7〜9月の日経平均株価騰落率は−16.48%。プロのファンドマネージャーですら苦戦を強いられた中、投信王参加者2358人の中で1位の成績を収めたのは東京大学の学生・ハンドルネーム「もりた」さん。彼は3カ月間で、単純騰落率34.53%(年率換算136.98%)という驚異的なパフォーマンスを残した。彼は東京大学の投資クラブ「Agents」(エージェンツ)のメンバー。そしてこのAgentsは、学生団体対抗部門でも1位を獲得したのだ。

 学生団体対抗部門では各団体所属員上位5人の成績で競われる。ルール上、登録メンバーが多いほど有利に働くシステムとなっている。ちなみに2位となった東京理科大学の「ナレッジ研究会」(騰落率−20.00%)、3位の慶應義塾大学「SPEC」(騰落率−22.87%)はそれぞれ28人が参加。その中でAgentsが投信王に参加したのは9人のみ。そして騰落率は37.25%と、他を寄せ付けない結果を残した。

 1位となった「もりた」さんが所属している、Agentsとはどのような株式投資クラブなのだろうか。また学生団体でトップとなったということは、「もりた」さんのほかにも“凄腕”の投資家がいるのではないだろうか。彼らの“投資脳”を解明するために、Agentsが主に活動する東京大学駒場キャンパスの門をくぐった。

yd_agents.jpg 投信王・夏季学生対抗(団体戦)の結果(出典:日興アセットマネジメント)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -