調査リポート
» 2008年12月24日 07時00分 UPDATE

大掃除の手伝い、妻を満足させるには?

[Business Media 誠]

 2007年末の大掃除は、夫が「手伝ってくれた」という妻は65%。これに対し夫の「妻を手伝った」という自己評価は92%と、夫婦間での認識にギャップがあることが、ダスキンの調べで分かった。また妻から見た夫の協力に対する満足度は25.7%なのに対し、夫の自己評価は40.3%。夫婦間で見解のズレがあることについて「夫は、妻がほとんど不満を感じていないと思っているが、妻は思った以上に辛口評価をしていることが見受けられる」(ダスキン)

yd_duskin.jpg 2007年末大掃除で夫・妻は手伝ってくれたか? (出典:ダスキン)

 大掃除で夫が妻を手伝おうと思っている人は、どのくらいいるのだろうか。「手伝う(頼まれたら手伝うを含む)」という夫は98%に達したが、妻の「手伝ってほしい(どちらかといえば手伝ってほしい)」は83.5%と、14%以上の差となった。「妻の期待以上に夫は大掃除を手伝う意思はあり、大掃除を手伝うことに対して前向きな姿勢がうかがえた」(同)としている。

 大掃除で妻を満足させるには、妻が希望するところを掃除すればいいのかもしれない。そこで妻が夫に掃除をしてほしいところを聞くと、「窓・網戸」が31.1%で断トツ。次いで「キッチン」(19.0%)、「エアコンなど空調機」(10.9%)、「庭」(10.7%)、「リビング」(8.4%)と続いた。そろそろ大掃除をしなければならない、と考えている人も多いはず。今年の大掃除は、「窓」や「キッチン」を積極的に掃除してみるのはどうだろうか。そうすれば“夫婦円満”に年を越せるかもしれない。

yd_duskin1.jpg 夫に協力していほしい場所(出典:ダスキン)

 インターネットによる調査で、20〜69歳の男女7614人が回答した。調査期間は1月26日から1月30日まで。

関連キーワード

掃除・清掃 | 結婚 | 考え方


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集