調査リポート
» 2008年12月12日 18時36分 UPDATE

医者要らずでできるインフルエンザ対策:大阪が最安、インフルエンザ予防接種費用も「地域格差」

首都圏より地方の方が安く、大阪が最も安い。診療所の方が病院より安い。子供の接種は1回目より2回目の方が安い。また、家族割引など割引制度を設定している病院も――。インフルエンザ予防接種費用に関するさまざまな格差が分かった。QLife調べ。

[豊島美幸,ITmedia]

 首都圏より地方の方が安く、大阪が最も安い「地域格差」。診療所の方が病院より安い「施設格差」。子供の接種は1回目より2回目の方が安い「回数別の価格差」。また、家族割引など割引制度を設定している病院も――。

 インフルエンザ予防接種費用に関するさまざまな価格差が、病院検索サイトを運営するQLife(キューライフ)による「インフルエンザ予防接種の費用実態」に関するインターネット調査で分かった。全国300人の医師が回答した。

大人の全国平均費用は3066円、大阪府は2629円

 同調査によると、平均費用は、大人(1回目)が3066円、子供の1回目、2回目がそれぞれ2622円、2379円だった。地域別に価格差があり、東京都や神奈川県など首都圏は高く、地方は安いという地域格差が見られた。最も平均費用が安かったのが大阪府。大人が2629円、子供の1回目、2回目がそれぞれ2179円、1671円となった。QLifeでは理由を不明としており、「結果はあくまで参考値」とコメントする。

mt_graph1.jpg 地域別の接種費用分布 出典:QLife

費用は病院の方が診療所よりやや高め、価格差は5000〜7000円

mt_graph2.jpg 病院、診療所における大人の接種費用分布 出典:QLife

 病院、診療所における平均費用は、大人の場合、病院で3168円、診療所で2945円。子供の場合、病院での1回目と2回目、診療所での1回目と2回目は、それぞれ2702円と2379円、2525円と2160円となった。いずれも、診療所より病院の方が100円〜数百円程度高め。接種する医療施設でも格差が見られた。

 大人の場合、最多価格帯は3000円台で30%以上を占め、その前後の2000〜4000円台が10%以上を占めた。全体では1000円台〜6500円台と、1回の接種で5000円以上の開きがあることが分かった。


mt_graph3.jpg 病院、診療所における子供の接種費用(1回目)分布 出典:QLife

 子供の場合も、病院の2702円に対して診療所では2525円、2回目もやはり2379円(病院)と2160円(診療所)となっており、診療所より病院の方が100円〜数百円程度高め。

 さらに1回目より2回目の平均費用の方が病院で323円、診療所で365円と安い。QLifeは、1回だけ接種すればよい大人と違い、医療機関が子供には2回の接種を奨励しているため「医療機関が2回目を受けやすい価格設定にした」と分析している。


mt_graph4.jpg 病院、診療所における子供の接種費用(2回目)分布 出典:QLife

 そのほか、全回答の5%の医院が、家族同時接種割引や2回セット割引、10月予約の「早割」などなんらかの割引制度を設けていることが分かった。

 費用は公費負担や助成などがない場合の税込み額。調査期間は12月8〜9日。



 風邪との見分け方予防接種なしで済ませる対策新型インフルエンザの基礎知識など、総務企画「医者要らずでできるインフルエンザ対策」と合わせ、インフルエンザ対策への情報や知識を深めてはいかがだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集