ニュース
» 2008年12月12日 14時00分 UPDATE

エコプロダクツ2008:インサイトのコンセプトモデル、日産の電気自動車――最新エコカーを見てきました (1/3)

ハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車……自動車メーカー各社は今、「エコカー」と総称される次世代のクルマの開発に真剣に取り組んでおり、エコプロダクツ2008ではその一端を見ることができる。また記事の最後に、ちょっと変わった“ハイブリッドカー”を紹介する。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 “環境”をテーマに、さまざまなモノやサービスが出展される「エコプロダクツ2008」が開幕した(12月13日まで、参照記事)

 自動車メーカーのブースでは、燃料電池車や電気自動車、ハイブリッドカーなど、各社の最新エコカーが展示されている。洞爺湖サミットで使われたものあり、コンセプトモデルあり。ここではエコプロダクツ2008(特集ページ)で見学できるエコカーを紹介しよう。

ハイブリッド車「インサイト コンセプト」――ホンダ

 本田技研工業のブースで展示されているのは2009年春に発売予定のハイブリッドカー「インサイト」のコンセプトモデルだ。10月にパリで開かれた「パリ国際モーターショー」で初登場したモデルで、日本での公開はこれが初となる。

 F1撤退でも話題となった(参照記事)ホンダの、環境戦略の主軸となるのがこの新型インサイトだ。5人乗りの5ドアハッチバックで、200万円前後という“手が届く”価格に設定される見込み。販売目標は1年で20万台、これは現在の同社のHV年間販売台数の4倍近い、意欲的な数字だ。

 今回展示されているコンセプトモデルは「ドアミラーやタイヤホイールまわりなどデザインは違うが、そのほかは(2009年に市販される新型インサイトと)ほぼ同じと思っていただいて構わない」(広報)。

ay_car01.jpg
ay_car02.jpgay_car03.jpgay_car04.jpg 日本初登場となるホンダ「インサイト コンセプト」

燃料自動車「トヨタFCHV-adv」――トヨタ自動車

 「プリウス」の成功で、ハイブリッドカーに積極的というイメージを持たれているトヨタ(参照記事)。エコプロダクツ2008のトヨタブースでは、燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV-adv」が展示されている。ガソリンではなく水素で走る、燃料電池とバッテリーのハイブリッドカーだ。

 1回の水素充てんでの航続距離は約830キロメートル。マイナス30度の環境での走行テストもクリアしている。

 ボンネットを開けると中央にあるのはパワーコントロールユニット(写真左)。自社開発の燃料電池「トヨタFCスタック」は、その下に収められている。座席下には70MPa(メガパスカル)と高圧の水素タンク(写真中)が入っており、助手席側後方に水素充てん口が設けられている(写真右)。

 トヨタFCHV-advは9月より限定でリース販売されており、現在10台程度が企業・自治体などで使われているという。

ay_car05.jpg
ay_car06.jpgay_car07.jpgay_car08.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -