調査リポート
» 2008年12月09日 19時50分 UPDATE

金融、製造業の雇用環境が過去5年で最悪に――マンパワー雇用予測調査 (1/2)

マンパワー・ジャパンは2009年第1四半期における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」を発表。2003年第3四半期以来5年半ぶりに、従業員を「減員する」企業が「増員する」企業を上回った。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 総合人材サービスのマンパワー・ジャパンは12月9日、2009年第1四半期における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」を発表した。

 同調査によると、2009年第1四半期に従業員を「増員する」と回答した企業は11%、「減員する」は14%、「変化なし」は70%だった。従業員を「減員する」が「増員する」を上回ったのは、2003年第3四半期以来、5年半ぶりのことだ。

 また、純雇用予測※(季節調整後※※)は5%で、前四半期比−8ポイント、前年同期比−19ポイント。2008年第1四半期から5四半期連続でマイナスが続くことになる。

※純雇用予測……「増員する」と回答した企業数の割合(%)から「減員する」と回答した企業数の割合(%)を引いた値。
※※季節調整……月々の変動の癖(季節的要因)を除去すること。
ah_zyunkoyo.jpg 純雇用予測調査(出典:マンパワー・ジャパン)

大阪は調査開始以来最悪の数字

 地域別(東京、名古屋、大阪)の純雇用予測(季節調整後)を見ると、東京が10%と3地域中最も高い値を示しているものの、前四半期比で−7ポイント、前年同期比では−17ポイントだった。

 名古屋は2%で、前四半期比−1ポイント、前年同期比−21ポイント。大阪では−2%と、2003年第3四半期の調査開始以来の最低値を記録、前四半期比で−14ポイント、前年同期比では−23ポイントと大幅に悪化している。

ah_tiizyunko.jpg 純雇用予測調査(地域別、出典:マンパワー・ジャパン)

 業種別(金融・保険・不動産、製造、鉱工業・建設、公共・教育、サービス、運輸・公益、卸・小売り)の純雇用予測(季節調整後)を見ると、最も低いのは「金融・保険・不動産」で−4%。また「製造」は0%で、この2業種は調査開始以来の最低値を記録している。

ah_gyouzyunko.jpg 純雇用予測調査(業種別、出典:マンパワー・ジャパン)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集