調査リポート
» 2008年12月08日 14時00分 UPDATE

どこの業界に興味がある? 2010年度入社予定の学生たち

景気悪化による影響で、2010年度入社予定の学生にとっては、厳しい就職活動が予想される。しかし約6割の学生は「複数の会社から内定が欲しい」と回答しており、すでに就職活動を始めている学生も多いようだ。ネットマイル調べ。

[Business Media 誠]

 不景気による影響で、新卒採用を抑制する企業の動きが出ているが、2010年度入社予定の学生は就職活動をどのように考えているのだろうか。内定はどのくらいほしいか? との質問に対し「第一志望の企業だけからもらえればいい」が24.0%、「2〜3社から欲しい」が51.5%、「とにかくひとつでももらえればいい」が19.0%、「エントリーした企業すべてから欲しい」が5.5%と、複数の内定が欲しいという学生は6割近くに達していることが、ネットマイルの調べで分かった。

 同社が2007年に実施した調査と比較すると、「とにかくひとつでももらえればいい」の回答率が低下した一方で、複数の内定を狙う学生が微増。「厳しい就職活動が予想されている2010年度採用においても、複数の内定を狙う学生の内情が垣間見えた」(ネットマイル)としている。

 就職活動をいつごろ始めますか? (または始めましたか?)と聞いたところ、2008年10月〜12月の回答が最も多く31.0%。次いで「2008年7月〜9月」が16.0%、「2009年1月〜3月」が12.0%と、約6割の学生が2008年7月から2009年3月までに就職活動を開始するという結果となった。

yd_shushoku.jpg 就職活動はいつごろ始めますか? (または始めましたか? 出典:ネットマイル)

 インターネットによる調査で、2010年度採用に向けて就職活動中の学生200人(男性53%、女性47%)が回答した。年齢を見ると、20歳が21.5%、22歳が14.5%、23歳が16.0%、24歳が12.0%、25歳が5.5%。調査期間は11月14日から11月16日まで。

興味を持っている業界は「IT・通信、情報系」がトップ

 興味を持っている業界(就職先)を聞いたところ、1位は「IT・通信、情報系」で15.5%。以下「マスコミ・広告・出版・印刷系」(11.5%)、「医療・福祉系」(10.0%)、「電気・電子・機械系」(8.0%)と続いた。男女別で見ると、男性は「IT・通信・情報系」の回答が20.8%と最も多く、次いで「金融・保険系」が11.3.%。一方の女性は「医療・福祉系」(16.0%)、「マスコミ・広告・出版・印刷系」(12.8%)だった。また地域別で見ると、関東に在住する学生は「マスコミ・広告・出版・印刷系」「団体・連合会・官公庁」、関東以外では「IT・通信、情報系」「医療・福祉系」と答える学生が目立った。

 学生が仕事や会社を決める上で、大切にしていることは何だろうか。最も多かったのは「楽しさや感動のある仕事」で45.5%、以下「周りの人と協力しながら進める仕事」(28.5%)、「プライドを持てる仕事」(26.5%)、「社会貢献をしている企業」(25.0%)、「自分自身に挑戦できる仕事」(23.5%)という結果となった。

yd_shushoku1.jpg 仕事や会社を決める上で、大切にしていること(出典:ネットマイル)

関連キーワード

就職 | 学生 | 不況 | 新入社員 | 不安 | 面接


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ