連載
» 2008年11月28日 18時00分 UPDATE

近距離交通特集:どうなる、こうなる首都圏の道路網――(2)首都高・中央環状線編 (1/3)

今後の首都圏での高速道路建設計画を紹介する連載の2回目(全4回)。今回は「3環状」の中で最も都心にある首都高速道路中央環状線の建設計画を取り上げる。

[青山祐輔,Business Media 誠]

 「どうなる、こうなる首都圏の道路網――(1)都心を囲む3つの環」では、首都圏を中心としてクモの巣状に伸びていく高速道路ネットワーク、「3環状9放射」プロジェクトの全体像についてお伝えした。

 3環状9放射の中でも、「3環状」に当たる「首都高速道路中央環状線」「東京外かく環状道路」「首都圏中央連絡自動車道」という首都圏を取り囲む3つの環は長らく整備が遅れていた。しかし今、開通に向けて動き出しているのだ。

 それらが具体的にいつ、どこが開通するのかを追っていく。今回はまず3つの環のうち最も都心に近い首都高速道路中央環状線(以下、中央環状線)を取り上げる。

 →どうなる、こうなる首都圏の道路網――(1)都心を囲む3つの環

 →どうなる、こうなる首都圏の道路網――(3)東京外かく環状道路編

 →どうなる、こうなる首都圏の道路網――(4)首都高・圏央道編

“中央”だけど“中心”ではない?

 中央環状線は3環状の中でも最も都心に近い位置にあり、完成時の総延長は約47キロメートルに及ぶ路線だ。通称「C2」とも呼ばれる。

 C2があるなら当然「C1」もあるわけで、ご存じの方には説明するまでもないが、それは「首都高速道路都心環状線」だ。延長が約14.8キロメートルの環状線で、首都高速道路の中心となる。

 日本の首都・東京の中心部を曲がりくねって走っているC1は、まるでレースコースのようでもある。実際にC1をサーキットに見立て、深夜に制限速度をオーバーして走る「ルーレット族」が社会問題になっており、警視庁も取り締まりを強化している

 前回も触れたが、首都高速道路に接続する「9放射」にすべて接続している路線がC1だけのため、ここがボトルネックとなって渋滞が発生しやすくなっている。それを解決する近道の1つが中央環状線なのだ。

ah_sankankan.jpg 3環状9放射完成予想図(出典:Google Map)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集