ニュース
» 2008年11月20日 17時08分 UPDATE

仕事耕具:FeliCaで開閉するロッカー、ライオン事務器からも

ライオン事務器は、FeliCaで開閉する「セキュリティ収納庫〔電池式〕」を発売する。認証履歴を5000件まで保存可能。PCで確認できるようになっている。

[鷹木創,ITmedia]

 ライオン事務器は、FeliCaで開閉する「セキュリティ収納庫〔電池式〕」を1月8日に発売する。価格は19万2150円から。

st_sf01.jpg

 セキュリティ収納庫〔電池式〕は、あらかじめ登録したFeliCa対応のICカードをかざすことで認証して、ドアの開閉ができるロッカー。単三形アルカリ電池4本で駆動するため配線工事が不要だ。ライオン事務器のロッカー「SW」シリーズであれば、認証機能の付いたドア部分を取り付けることもできる。

 miniSDカードスロットを搭載し、1GバイトのminiSDカードを付属する。このminiSDカードに認証履歴を5000件まで保存できる。Windows向けの履歴閲覧ソフトも付属し、PCで確認できるようになっている。ライオン事務器ではWindows XPで動作確認した。

 単三形アルカリ電池4本での連続駆動時間は、2500回の開閉で約1年。30秒以上の扉開放時はブザーで警告する機能のほか、電池寿命を警告する機能も備えている。なお、電池切れや緊急の際には非常解除キーで対応。マグネットセンサーで自動施錠する機能も搭載した。

st_sf02.jpg カードリーダー部。左はエラー時、右は認証時

 ラインアップは大きさや設置別に3種類。上置/下置専用の「LSS-S11HC」の大きさが900×400×1040ミリ(幅×奥行き×高さ)、価格は19万2150円。下置専用の「LSS-S21HC」は900×400×2080ミリで価格は22万500円。アジャスター付きのベース(9870円)も用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集