ニュース
» 2008年11月17日 10時47分 UPDATE

看板にLED照明を導入、環境に配慮した店舗を出店――セブン-イレブン・ジャパン

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 セブン-イレブン・ジャパンは11月14日、京都市北区にエネルギー効率の高いLED照明看板などを導入した環境配慮型の店舗「セブン-イレブン上賀茂榊田町店」を開店した。

 セブン-イレブン上賀茂榊田町店では、CO2排出量を削減するために店頭看板やサインポール照明にLED照明を採用、また店内には世界初の冷凍機排熱を利用した給湯設備を導入した。この取り組みにより、電気使用量は年間13万8100キロワット時となり、2007年度の新店舗の平均電気使用量(年間15万8000キロワット時)と比較して12.6%削減できることとなる。

 セブン-イレブン・ジャパンでは「セブン-イレブン上賀茂榊田町店を全国の新規出店店舗の基本設計にし、CO2削減に邁進(まいしん)していく」とコメントしている。

ah_eneled.jpg セブン-イレブン上賀茂榊田町店

関連キーワード

LED | 照明 | LED照明 | エコロジー | 省エネ | 省電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集