連載
» 2008年11月07日 07時00分 UPDATE

1-3.住まいの選択、完全理解!:賃貸 VS. 購入はどちらが便利?――暮らしの便利度で比べてみる (1/3)

ライフプランの変化に応じて気軽に住み替えたい、という人に向いている賃貸物件。一方、購入物件では、利便性だけでなく自然に囲まれた環境を重視する人が多いようです。それぞれの人気の秘密を見てみましょう。

[HOME'S]
HOME'S

「住まいの選択、完全理解!」とは?

人の暮らしに欠かせない「衣食住」の中の1つ、「住まい」。人のライフスタイルが様々になったように、住居形態や住み方にもたくさんの選択肢が増えました。でも、あなたは自分に本当に合う住居スタイルをすぐにイメージできますか?  本連載では、住まい選びをする際のお手伝いとなるポイントをまとめていきます。

※本記事はHOME'S CLUBが執筆しています。本記事のテーマに関連するさまざまな調査結果や、住まいにまつわる一般の声についてはHOME'S CLUBの「住まいの選択、完全理解!」で読むことができます。


 賃貸の一番のメリットであり便利な点は、ライフスタイルや家族構成の変化、好みの変化などに合わせて自由に住み替えることができることにあります。憧れの場所、お気に入りの場所に気軽に住み替えられるほか、住み替えの都度、新築の物件に住むことも可能です。

 東京都の「住宅に関する世論調査」によると、住み替える理由で最も多いのが「結婚離婚、学業・仕事などの都合のため」で、次に「子供の誕生や成長、教育のため」となっています。ライフスタイルの変化から引越しをする人が多いことがうかがえます。転勤が多い人や将来のプランが定まっていない人を始め、将来親と同居を考えている人なら、同居するまでは賃貸というのも1つの方法ではないでしょうか。

 また、住み替える理由の第3位は「現在の住宅の面積に不満があるため」。子どもが小さい時は1LDKに、大きくなるにつれて広い部屋、もしくは部屋数の多い物件に住み替えるなどしている状況がうかがえます。大きなお金が動く購入物件の場合とは違って、賃貸では状況に対応しやすいのが特徴です。

 ただし、賃貸では家賃を一生払い続けても物件は自分の持ち物にはならないこと、自分の家ではないため自由に改装を行えないことを忘れてはなりません。また、賃貸はワンルームから1LDKの単身者あるいは2人暮らし向けの物件が多いため、2LDK以上のファミリー向けの広い物件を確保するのが難しい場合もあります。

ah_4-1.jpg
       1|2|3 次のページへ

(C) NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集