ニュース
» 2008年11月04日 18時14分 UPDATE

SHIBUYA109、109−2でPASMOとiDが利用可能に

[Business Media 誠]

 東急モールズデベロップメントは11月1日、ファッションビルの「SHIBUYA109」「109−2」全館に、PASMO(+Suica)、iDの両方が利用できる共用決済端末を導入した。本端末の設置は東京急行電鉄と三井住友カードが進めているもので、2008年4月にオープンした「remy gotanda(レミィ五反田)」に続き2例目となる。

 今回導入するのは、SHIBUYA109が118店舗、109−2が50店舗で合計168店舗。端末179台を導入する。

 PASMOの流通枚数は10月17日現在で1045万枚。iDは9月末時点で会員数約897万人、端末数約38万台となっている。

 →FeliCa決済利用状況(9月版)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集