調査リポート
» 2008年10月29日 14時49分 UPDATE

英語力向上に消極的? 「お金をかけたくない」が54%

[Business Media 誠]

 2011年から小学校で英語教育の義務化がスタートするが、英語への関心はどの程度高まっているのだろうか。「英語力向上のためにお金はかけたい」という人(46%)のうち、「1年間で1万円未満」しかかけたくない人は26.3%、「1万円以上5万円未満」が31.7%、「5万円以上10万円未満」が26.3%と、約8割(全体の4割)の人が「1年間に10万円未満」、つまり1カ月に1万円未満しか費やしたくないことが、進学予備校KAPLAN日本校の調べで分かった。

 また「留学をしたい」と答えた人は22.3%。こうした結果についてKAPLAN日本校は「世の中で英語教育への関心は高まっているものの、自身の英語力向上のためには積極的ではないことが分かった。中には『自分には無理』と、なかばあきらめの姿勢もあるのかもしれない」という。

 インターネットによる調査で、全国の10歳以上の男女400人が回答した。調査時期は10月。

yd_english.jpg 英語力向上のために1年間でいくらまでお金をかけられますか? (出典:KAPLAN日本校)

英語力に“自信がない”人は86%

 自分の英語力に自信がありますか? との質問に対しては、60.6%の人が「自信がない」と回答。また26.0%の人も「あまり自信がない」と答え、「自信がない」と「あまり自信がない」という人が86.6%にも達した。

 あなたの英語力はどれくらいですか? との質問には「読み書きはできるが話せない」が27.3%、「聞き取りならできる」が15.4%と、読む・書く・聞くのいずれかはできると自覚している人は4割だった。「読み書き・聞き取りはできると自覚しているのにも関わらず、自分の英語力に自信を持てない人が多い。日本人は『英語力』を問われた際、スピーキング力が弱いとの自覚から、自信が持てていないようだ」(KAPLAN日本校)

yd_english1.jpg 英語力に自信がありますか? (上)、英語力はどのくらいですか? (下、出典:KAPLAN日本校)

関連キーワード

学生 | お金 | 子供 | コミュニケーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集