調査リポート
» 2008年10月06日 15時56分 UPDATE

最も食べたいアイスは「ハーゲンダッツ」、その理由は

[Business Media 誠]

 おいしいと思うアイスクリームは? C-NEWS編集部の調査によると、1位は「ハーゲンダッツ」(ハーゲンダッツ ジャパン)、2位「雪見だいふく」(ロッテ)、3位「ピノ」(森永乳業)、4位「チョコモナカジャンボ」(森永製菓)、5位「和ごころ」(江崎グリコ)という結果となった。また飽きない味だと思うブランドを聞いたところ、「ハーゲンダッツ」が1位、以下「雪見だいふく」「ピノ」と、おいしいと思うブランドと同様の順位だった。

 親しみを感じるブランドでは「ガリガリ君」(赤城乳業)が1位、次いで「雪見だいふく」、「ピノ」、「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)、「あずきバー」(井村屋製菓)がランクイン。男女ともに「ガリガリ君」と「雪見だいふく」が1位と2位だったが、男性3位には「ジャイアントコーン」、女性3位には「ピノ」が入った。

 インターネットによる調査で、15歳以上の男女300人(男女150人ずつ)が回答した。調査期間は9月18日から9月20日まで。

yd_ice.jpg おいしいと思うアイスクリームのブランド(出典:C-NEWS編集部)

今後最も食べたいアイスは「ハーゲンダッツ」

 今後最も食べたいアイスクリームのブランドを聞いたところ、同社が2007年に実施した調査結果と同じで「ハーゲンダッツ」が1位。ハーゲンダッツを選んだ理由は「高級でぜいたくな気持ちになれる」(会社員、男性25〜29歳)、「お金を出すだけの価値がある」(会社員、女性20〜24歳)「本格的な味で、新しい味が次々発売されるので飽きない」(会社員、女性35〜39歳)など、新しい味が頻繁に登場することを評価する声が目立った。

 今後食べたいアイスクリームの2位は「ピノ」(2007年調査、5位)、3位「ガリガリ君」(同、ランク外)、4位「雪見だいふく」(同、2位)、5位「爽(そう)」(ロッテ、同、3位)という結果となった。

yd_ice1.jpg 今後最も食べてみたいアイスクリーム(出典:C-NEWS編集部)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集