調査リポート
» 2008年09月12日 15時12分 UPDATE

漫画の実写映画化で重要なのは「雰囲気を壊さないこと」

「DEATH NOTE」や「20世紀少年」など、漫画原作の実写映画が話題になっている。実写映画では二次元から三次元へと表現の方法が変化するが、原作の雰囲気は壊さないでほしいという声が多く挙がった。ネットエイジア調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 ここ数年、漫画を原作にした実写映画が話題になることが多く、2008年夏は「20世紀少年」や「デトロイト・メタル・シティ」が注目を集めている。これまでにも「DEATH NOTE」や「ALWAYS 三丁目の夕日」などがヒット、ハリウッドでも「バットマン」や「スパイダーマン」がシリーズ化している。

 絵から実写になることで“イメージが壊れる”という意見もある一方、「ALWAYS 三丁目の夕日」のように、物語の舞台となった時代の雰囲気をより伝えられているということで日本アカデミー賞最優秀作品賞(2006年)にも輝いた作品もある。

 ネットエイジアの調査によると、漫画原作の実写映画をいくつか挙げて、「観たことがあるか」と尋ねたところ、1位は「DEATH NOTE」で43.8%。2位は「ALWAYS 三丁目の夕日」(35.5%)、3位「NANA」(22.0%)、4位「タッチ」(18.5%)、5位「ゲゲゲの鬼太郎」(13.5%)だった。

ah_mita.jpg 以上の漫画原作の実写映画を見たことがありますか(出典:ネットエイジア)

 漫画原作の実写映画を観た人のうち、原作漫画を読んだりアニメを観たことがある人は、「DEATH NOTE」が81.7%、「ALWAYS 三丁目の夕日」が58.5%、「NANA」が72.7%、「タッチ」が87.8%、「ゲゲゲの鬼太郎」は94.4%と全体的に高い比率となった。「ALWAYS 三丁目の夕日」はほかの作品より原作漫画を読んだ比率が低いが、「多数の映画賞を受けたことで有名になり、原作漫画を読んだことのない人も多く観たことで、ほかの漫画原作の実写映画とは異なった傾向を示した」(ネットエイジア)という。

ah_gen.jpg (漫画原作の実写映画を観た人のみ)原作漫画やアニメを読んだり観たことがありますか(出典:ネットエイジア)

実写化してほしい漫画は「スラムダンク」

 「漫画が実写映画化されることに関心があるか」と尋ねたところ、「ある」と答えたのは51.0%。「ある」と答えた人にさらに「製作者に実写映画化の際に最も重視してほしい点は何か」と聞くと、「漫画の雰囲気を壊さないこと」が50.7%でトップ。以下、「俳優の人選」(26.4%)、「漫画と同じストーリー展開であること」(10.4%)が続いた。

ah_zyu.jpg 製作者に実写映画化の際に最も重視してほしい点は何か(出典:ネットエイジア)

 また、実写化してほしい漫画があるという人に、「実写映画化してほしい漫画は何か」と聞くと、「スラムダンク」「MASTERキートン」「ジョジョの奇妙な冒険」などが挙げられた。

 インターネットによる調査で、対象は20〜59歳の男女400人(男性200人、女性200人)。調査期間は9月5日から8日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -