連載
» 2008年09月11日 20時30分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:“秋葉原”から“アキバ”、そして……――変化する街を作る方法 (1/3)

「秋葉原の信号を1つ廃止するならどこ?」。中小企業診断士の研修で、一風変わった問いを投げかけられた。変化する街“秋葉原”をより生き生きとした街とするためには、どういう方針で、どの信号を廃止すればいいのだろうか?

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

 マーケティング・リサーチ、新規事業の企画・開発・運営、海外駐在を経て、1999年より某会計系のコンサルティングファームのマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略、業務プロセス改革など多数のプロジェクトに参画。著書に「ナレッジ・ダイナミクス」(工業調査会)、「21世紀の医療経営」(薬事日報社)、「顧客視点の成長シナリオ」(ファーストプレス)など。現在、マーケティング・コンサルタントとしてコンサルティング本部に所属。中小企業診断士。ブログ→「マーケティング・ブレイン」


 中小企業診断士の更新研修とは妙なものである。行く前には「退屈なのがまたやってきた」と思い、行った後には「案外よかったな」と思い直す。年に1度の理論政策更新研修、今年もそうだった。

白書を捨てよ、街へ出よう

 中小企業診断士資格を維持するためには、毎年、理論政策更新研修を受けなければならない。“士”としての自覚というより義務感にかられて、夏の土曜日、秋葉原に向かった。JR秋葉原駅中央改札口から1分、中小企業振興公社ビルの研修室に入る。

 極めて退屈な中小企業白書の解説の後、5〜6人で1チームの課題解決研修に移る。いわゆるグループ討議だ。

 チーム研修で出された課題の趣旨は、“白書を閉じて、街を観察しよう”というもの。まず、1枚の地図を渡された。秋葉原電気街振興会のアキバ街歩きMAP。地図で注目スポットを紹介しているのは、アイドルの南明奈さん(通称アッキーナ)だ。

ah_PICT0649.jpg 秋葉原電気街振興会のアキバ街歩きMAP。南明奈さんは振興会のイメージキャラクター

 課題の具体的な内容は、以下の通りだ。

屋外の交通信号(10カ所程度)を観察し、そのうちの1つに注目してください。その上で、次の質問に答えてください。

  • その信号を廃止することによって得られる効果
  • 廃止するための条件

 チームごとに街を歩き、観察して討議するという内容。この会社の研修は5回ほど受講しているが、こんなテーマは初めてだ。誰かが「まるで新入社員研修みたい」と呟く。外ではあいにくの小雨が降りだしてきた。やれやれだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ