ニュース
» 2008年09月06日 08時15分 UPDATE

北米企業のITセキュリティ支出、2009年も上昇の見通し

ITセキュリティの重要性は年々高まっており、予算も上昇の一途をたどっている。

[ITmedia]

 ITセキュリティ支出は2009年も伸びる見通し――。調査会社米Forrester Researchが9月4日、同社主催のセキュリティフォーラムで調査報告書を発表した。

 北米の大手および中堅・中小企業1200社のセキュリティ責任者を対象に実施した調査では、21%が2009年のITセキュリティ予算を増やすと回答。全体の約75%が予算を減らす予定はないとした。一方予算の削減が必要かもしれないと答えたのはわずか6%だった。

 今回の調査では、2008年のITセキュリティ予算がIT予算全体の10%を占め、前年の8%から上昇していることが分かった。また回答者の50%がCEOや取締役会に報告義務を持つ人々であり、ITセキュリティがIT部門だけの問題ではなくなってきたことを示している。

 データ保護が非常に重視されており、半数以上が、企業の知的財産と顧客データの保護が、今後12カ月の最大課題であると答えた。

 企業は事業継続と災害時復旧計画の重要性も認識しつつある。これらについて「非常に重要」という回答者が、昨年の33%から今年は42%に増えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集