連載
» 2008年09月04日 11時30分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:座って触って気持ちいい理由――「椅子塾展300Chairs」 (1/2)

コスト優先の大量生産で生み出された椅子には、消費者にとって大切な“心地良さ”が欠けていることがある。そんな風潮に反発して、人間の五体が本当に心地良いと思えるような椅子を作ろうとする職人たちがいるのだ。

[郷好文,Business Media 誠]
ah_A4poster_fin.jpg 第10回椅子塾展ポスター

 椅子に座る時、どこに触りますか?

 背もたれを引き、ひじ掛けに手を置いて“よっこいしょ”とお尻を落とす……それだけ? いえいえ、椅子と人の五体の関係をよ〜く観察すると、実にいろんなことをしている。

 座面の縁をつかんだり、爪でコリコリする。ひじ掛けの先端をぐいっと握りしめる。座面とお尻との間に指を入れる。背もたれと背中の間に後ろ手を組む。太ももの肉を座面に押しつけて、リズミカルに“ぷよぷよ肉クッション”を楽しむ。こんな風に、椅子と五体はたくさん“コミュニケーション”している。そう感じたのは1日に100脚も椅子に座ったからだ。

「300Chairs」で感じたそれぞれの椅子の違い

 「腰を掛けて疲れる」というまれな体験をしたのは、リビングデザインセンターOZONEで開催された第10回椅子塾展「300Chairs」(8月16日〜26日)でのこと。椅子塾とは椅子デザイナーの井上昇さんが、椅子クリエイター養成を目的に10年間続けた塾である。約100人のクリエイターの作品300脚を一堂に展示した。

 椅子塾では、まず手描きの原寸図面から1/5モデルを作り、人間工学の見地からチェックした上で、原寸大に加工していく。塾生は本職のデザイナーから学生、勤め人までいる。

ah_PICT0471.jpg 1/5スケールのミニチュアモデル

 作品を座り比べてみると、ひとつひとつ感触がかなり違う。肌ざわり・堅さ/柔らかさ・沈み・高さ・幅・角度など、座り心地とはこんなに多面的なものかと感心した。座れば座るほどモノづくりの奥深さのとりことなった。

 展示会のセミナー「デザインと製造」を聴講した。徳島の宮崎椅子製作所のオーナー宮崎勝弘さんと、宮崎椅子製作所と9年来コラボレーションしている椅子デザイナーの村澤一晃さん、進行役は井上昇さん。お話を聴いていると思わず姿勢を正し、“椅子を座り直してしまった”。

ah_PICT0464.jpg セミナー会場の椅子はすべて塾生の制作
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -