ニュース
» 2008年09月03日 07時27分 UPDATE

7月の世界半導体売上高、7.6%増

半導体需要の多くを占める家電製品、PC、携帯の売り上げ好調を受け、メモリ製品を除く半導体売上高は前年同月比11.6%増を記録した。

[ITmedia]

 米半導体工業会(SIA)は9月2日、7月の世界半導体売上高が前年同月比7.6%増の222億ドルだったと発表した。前月比では2.8%増となる。1〜7月合計の売上高は1483億ドルで、前年同期間を5%上回っている。

 SIAのジョージ・スカリス会長によると、「半導体需要の約80%を占める家電製品、PC、携帯電話の売り上げの伸びが、前年同月比7.6%増の成長に貢献した」という。「今年の液晶テレビの出荷台数は32%増、デジタルセットトップボックスとデジタルカメラはいずれも約20%増が見込まれる。またPC出荷台数は約13%増、携帯電話は10%以上の増加が予測されており、米国の第2四半期の国内総生産(GDP)3.3%増や世界市場の堅調な伸びに支えられている」(スカリス会長)

 第2四半期には、300ミリウエハーが製造キャパシティーの44%、実際に製造されたウエハーの47%を占めて初めて最大のシェアとなり、300ミリへの移行が進んでいることを数字的にも示した。

 SIAによると、値下がりによってDRAMとNAND型フラッシュメモリの売上高は下落が続くが、メモリ製品を除いた7月の世界半導体売上高は前年同月比で11.6%増となった。一方でPCと携帯電話に搭載されるメモリは増え続けており、Micron Technologyの報告によれば、平均的なPCのDRAM容量は今年56%増、携帯電話のNANDフラッシュ容量は178%増える見通しという。

関連キーワード

半導体 | 半導体市場 | DRAM | NAND


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集