調査リポート
» 2008年08月28日 18時08分 UPDATE

「こってり」「激辛」って、“うまそう”か“まずそう”か?

[Business Media 誠]

 「おいしそう」「食べたい」と感じるのは、どんな言葉だろうか。味覚に関する表現で「おいしそう」と最も多くの人が感じたのは「ジューシー」(41.9%)であることが、調査会社B・M・F・T(ビー・エム・エフティー)の調査で分かった。このほか「コクがある」(41.0%)、「香ばしい」(39.1%)、「うまみのある」(34.6%)、「風味豊かな」(33.4%)などが続いた。

 上位にランクインした表現を見ると、「甘さ」「辛さ」「しょっぱさ」「すっぱさ」といった言葉は見当たらず、「濃厚さや奥行きの深さなどを表す表現に多くの人は“おいしそう”と感じている」(B・M・F・T)。一方で「おいしそうでない」と感じたのは、「脂っぽい」(−47.5%)、「にがい」(−46.4%)、「超すっぱい」(−40.2%)など、すっぱさやしょっぱさを表す表現が全体的に多かった。

 「おいしそう」と感じる人と「おいしそうでない」と感じる人に分かれたものでは、「脂ののった」「こってり」「激辛」となった。よく「こってりラーメン」「激辛カレー」といった表現を耳にするが、受け止め方は分かれるようだ。

yd_oi.jpg おいしそうと感じる味覚系表現(クリックして拡大、出典:B・M・F・T)

 味覚に関する表現でおいしそうに感じたのは「ジューシー」だったが、食感についてはどうだろうか。最も多かったのは「もちもち」で41.9%、このほか「とろける」「サクサク」も4割を超えた。逆に、おいしそうでないと感じるのは「ドロドロ」(−49.2%)が多く、以下「ザラザラ」「ゴツゴツ」「ジャリジャリ」と続いた。

 インターネットによる調査で、15〜59歳の男女1350人(男性50%、女性50%)が回答した。年代は10代11.2%、20代22.2%、30代22.2%、40代22.2%、50代22.2%。調査期間は2007年5月17日から5月22日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -