調査リポート
» 2008年08月26日 18時26分 UPDATE

ネットを使っての株式売買、「する派」と「しない派」の理由

株式市場が低迷している中、今後、ネットを使って株式売買をしたいと思っている人はどの程度いるのだろうか? 「株式売買をしたい」という人は3割を切り、ここ数年の減少傾向に歯止めがかからないようだ。マイボイスコム調べ。

[Business Media 誠]

 米国や日本の景気に先行き不透明感が漂っているからだろうか。株式市場の低迷が続いているが、投資資金に変化はあったのだろうか。

 最近1年間で元本(投資した資金)はどのように変化したか、と聞いたところ「減少した(少し減少した+大きく減少した)」が58.7%であることが、マイボイスコムの調べで分かった。逆に「増加した(少し増加した+大きく増加した)」と答えた人は12.7%であることから、個人投資家の投資意欲は低下し、株式取引を手控えている様子がうかがえた。

 また現在も売買をしているという人は21.9%で、2007年の調査と比べ1.5ポイントの減少。今後、インターネットで株式売買を「利用したい」と答えた人は28.2%で、2007年と比べ8.1ポイント、2006年と比べ12.7ポイントそれぞれ減少した。

 インターネットによる調査で、1万5089人(男性46%、女性54%)が回答した。年代は10代1%、20代15%、30代37%、40代29%、50代以上18%。調査期間は8月1日から8月5日まで。

yd_kabu.jpg これまでに株式の売買をしたことがありますか? (出典:マイボイスコム)

証券会社の利用、トップは「SBI証券」

 ネットで株式売買をしたことがある人は、どの証券会社を利用しているのだろうか。トップはネット証券で口座数1位の「SBI証券」で37.7%だったが、2007年の調査と比べ3ポイント減少した。以下「マネックス証券」(20.8%)、「楽天証券」(19.7%)、「松井証券」(17.5%)と続いた。また主に利用している証券会社も「SBI証券」(30.3%)がトップ、次いで「楽天証券」(11.7%)、「マネックス証券」(11.0%)、「松井証券」(8.4%)という結果となった。

yd_kabu1.jpg 主にネット取引をしている証券会社(クリックして拡大、出典:マイボイスコム)

 ネットを使って株式売買をしている人は、どのような感想を持っているのだろうか。「元本は減ったが、世界の情勢に目を向けるようになったのは、自分にとってプラスだと思う」(男性38歳)、「日ごろから新聞をよく読んでいます。それをヒントに近い将来こんなことになるかも、と想像して銘柄選びをしていますが、結構好成績をあげています」(女性45歳)、「優待の化粧品がとてもよく、自分ではなかなか高価で買えないので株を買いました。今は株が下がってしまったけど、優待をもらい続ければ、プラスの日が来るかも」(女性29歳)などのほか、手数料が安いといった好意的な意見が目立った。

 一方、ネットで株式売買をしない理由として「ネット証券は担当者とのコミュニケーションが取れないのであまりやりたくない」(男性52歳)、「いつも価格の変動を気にしなくてはならず、休まらない」(男性42歳)、「100万円の差益が出て喜んでいたら、あっという間に元に戻りジェットコースターみたいな感覚だった」(男性52歳)、「テレビでデイトレーダーの主婦を見たことがある。PCにつきっきりで、一喜一憂している姿に恐怖を覚えた」(女性47歳)などのコメントがあった。

関連キーワード

証券会社 | 投資 | | 株価


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ