ニュース
» 2008年08月25日 13時00分 UPDATE

分散投資特集:外貨預金・外貨MMFで低金利の日本から脱出 (1/2)

金利ものの外貨建て金融商品としてFX(外国為替証拠金取引)が注目を集めているが、以前から人気があるのが外貨預金や外貨MMF。比較的安全性が高いため、分散投資の対象にしている個人投資家は多い。それぞれがどんな金融商品なのか、どのように取引をすれば良いのかみていこう。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 0.5%という非常に低い政策金利が採用されている日本。その影響で、「ずっと銀行に預けているけれど、ほとんど利息がつかない」と嘆いている人も多いだろう。

 しかし世界を見渡すと、米国(2.0%)やオーストラリア(7.25%)のように、日本より高い政策金利を設定している国も多い。そうした高金利のメリットを受けられる金融商品が、「外貨預金」や「外貨MMF」だ。金融機関によっても異なるが、米ドルやユーロ、英国ポンド、オーストラリアドルなどさまざまな通貨で運用できる。

有利な確定金利で運用できる外貨定期預金

 外貨預金とは、日本円を米ドルやユーロなどの外貨に換えて預金すること。円預金と同様に、外貨預金でも普通預金と定期預金があり、もちろん定期預金のほうが金利が高い。普通預金はいつでも解約でき、定期預金でも金利が9割引き(3%で預けていたなら0.3%になる)で計算されるといったペナルティは受けるがすぐに解約できる。

 外貨預金の取引にかかる為替手数料(異なった通貨を交換する際の手数料)や金利は下の表の通りだ。住信SBIネット銀行やソニー銀行のようなネット系金融機関が、顧客にとって有利なレートを提示している。米ドルの定期預金1年物に50万円を両替して預ける場合、住信SBIネット銀行なら年利2.35%、ソニー銀行なら同2.23%だが、3大メガバンクだと同1.5%前後になる。為替手数料の負担もネット系金融機関と3大メガバンクでは大きく異なっている。

金融機関 為替手数料(片道) 普通預金 1カ月定期 3カ月定期 1年定期
みずほ銀行 1円 0.25% 0.81% 1.13% 1.33%
三井住友銀行 1円 0.25% 0.84% 1.16% 1.47%
三菱東京UFJ銀行 1円 0.1% 0.78% 1.17% 1.58%
イーバンク銀行 0.15円 0.5% 1.3% 1.65% 2.05%
住信SBIネット銀行 0.20円 0.5% 1.58% 1.92% 2.35%
ソニー銀行 0.25円 0.4% 1.47% 1.81% 2.23%
主要金融機関の外貨定期預金の為替手数料(片道、1通貨単位当たり)および金利(年利換算、税引き前、小数点3位以下四捨五入、8月22日時点)、50万円を米ドルに換えて預ける場合で比較した

 50万円を米ドルの1年物定期預金に預けた場合、1年後に戻ってくる金額は(為替レートは1ドル109円で変わらないと仮定、税引き後)、住信SBIネット銀行なら50万7542円。三菱東京UFJ銀行だと49万7114円と逆に減ってしまうことになる。

元本保証は外貨ベース、預金保険の対象外

 外貨預金では円高になると円貨ベースでは元本割れしてしまうが、外貨ベースでの元本は保証されている。ただし、注意したいのは外貨預金は預金保険の対象にならないこと。日本国内の銀行に円預金していると、預金保険の対象になるため、もし銀行が破たんしても1000万円とその利息が返還される。しかし、外貨預金の場合は返還されないので、信頼できる金融機関を選んで預けることが大切だ。

税金は2種類

 外貨預金には、利息と為替差益(為替レートの変動によって生じた利益)で2種類の税金がかかる。利息にかかる税率は20%(国税15%、地方税5%)で、円預金での利息にかかる税率と同じだ。為替差益は雑所得(給与所得や事業所得など税法上9種類に分類された所得のいずれにも当てはまらない所得)として確定申告をする必要がある。ただし、年収2000万円以下で雑所得が20万円以下なら申告する必要はない。雑所得の額によって税率は15〜50%まで変化する。

外貨預金より利回りが高めの外貨MMF

 MMF(マネーマーケットファンド)は、格付けの高い短期債券(国債や公社債など)で運用する公社債投資信託のこと。日々の運用成果に応じて分配金が支払われる仕組みで、外貨定期預金と違って、1年預けると○○%の金利が付くといったことは事前に分からない。その代わり、外貨定期預金と違って、途中で解約するときにペナルティを受けることはない。

 外貨MMFでは、一般に外貨定期預金以上の利回りが得られる(ソニー銀行の米ドルMMFなら年利換算で約1.8%、オーストラリアドルMMFなら約6.7%)。しかし、MMFは元本は保証されていないので、運用がうまくいかなければ損失をこうむる可能性もある。過去には破たんしたエンロン社の社債に投資していたMMFが損失を出したこともある。

 外貨MMFの取引にかかる為替手数料や利回りは以下の通り。外貨預金と同様に、為替手数料の負担が大きくなることには注意しておきたい。

金融機関 為替手数料(片道) 利回り(年率換算、税引き前)
野村證券 0.5円 1.85%(8月22日時点)
SBI証券 0.25円 1.85%(8月18日時点)
松井証券 0.2円 1.85%(8月18日時点)
ソニー銀行 0.25円 1.78〜1.81%(8月22日時点)
主要金融機関の米ドルMMFの為替手数料(片道、1通貨単位当たり)および利回り(小数点3位以下四捨五入)

税金は1種類

 外貨MMFでかかる税金は、外貨預金と違って1種類だけ。分配金に20%の税金がかかるのは同じだが、為替差益に税金は課されないのだ。そのため、為替差益を狙って中短期で売買する人も利用している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news004.jpg
キャズム理論が進化している:
news021.jpg
杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
news011.jpg
新人記者が行く(特別篇):
news121.jpg
需要拡大に対応:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -