調査リポート
» 2008年08月22日 07時00分 UPDATE

おサイフケータイの利用率、3割にとどまるも高い満足度

楽天リサーチが電子マネーの利用に関する調査結果を発表。利用している電子マネーはEdyがトップ。僅差でSuicaが続いた。おサイフケータイの利用率は3割にとどまったものの、利用者の満足度は高い。

[ITmedia]

 楽天リサーチは8月21日、電子マネーに関するインターネット調査の結果を発表した。調査は7月18日から同23日まで、楽天リサーチ登録モニターのうち電子マネーを利用している20〜60代の男女各500人、合計1000人を対象に行ったもの。

 同調査によれば、利用している電子マネーはビットワレットの「Edy」が28.2%でトップ。以下、JR東日本の「Suica」が28.1%、セブン&アイ・ホールディングスの「nanaco」が12.9%と続いた。鉄道・バス共通乗車カード「PASMO」は、40代、60代の男性、20代の女性に比較的利用者が多いという。

 また主に利用しているポイントプログラムは、「ANAマイル」が17.9%、「楽天スーパーポイント」が13.7%、「nanacoポイント」が12.3%で上位を占めており、「Suicaポイント」が11.7%でこれに続いた。性別で差がみられるのはイオンの「WAONポイント」で、女性が10.4%、男性が1.6%となっている。

 1カ月あたりの電子マネーによる支払額は、「1000円未満」という回答が最多で19.3%。「1000円〜1999円」が12.8%、「2000円〜2999円」と「1万円〜1万9999円」がともに11.3%でこれに続いた。「1万円〜1万9999円」という回答は、30代男性と40代以上の女性が比較的多く、特に60代女性は、全体の30%が1カ月当たり1万円以上利用している。

 電子マネーを利用する理由で圧倒的に多かったのは「支払いが簡単だから」で78.4%。「ポイントがつくから」が46.6%、「お金を持ち歩かないで済むから」が28.4%と並んだ。昨年の調査と比較すると、「ポイントがつくから」が21ポイントと突出した伸びを見せたという。

 電子マネーサービスに対する満足度は、「非常に満足」と「ある程度満足」を合わせた「満足層」が全体の7割以上を占めており、「やや不満」「非常に不満」を合わせた「不満層」を大きく引き離した。満足度が高かった項目は「決済方法」「チャージ(入金)方法」「チャージ(入金)できる金額の限界額や単位」など。他方、「使える(電子マネーで支払い可能な)店の多さ」では、不満層が36.7%を占めた。

 電子マネーを選ぶ際に重視する点については、「利用時にポイントがつく」という回答が58.9%と際立って多く、そのほか「普段よく利用する店で使える」が43.3%、「チャージできる場所の多さ」が35.8%、「使える店の数が多い」が33.4%。今後使用できるのが望ましい場所については、「スーパー」が51.4%、「コンビニエンスストア」が43.0%、「自動販売機」が41.0%でトップ3となった。

 なおおサイフケータイの利用率は30.3%で、利用している携帯電話会社は「NTTドコモ」が60.1%、「au(KDDI)」が27.4%、「ソフトバンク」が12.5%。利用者の15.8%が「非常に満足」、50.2%が「やや満足」と答えている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集