ニュース
» 2008年08月21日 13時00分 UPDATE

電池を取り外し家のコンセントで充電――1台30万円の電動スクーター

電動自動車「ジラソーレ」を開発したオートイーブイジャパンは、11月に電気スクーターを発売する予定だ。価格は30万円なので少々高めだが、ガソリンスタンドとはオサラバして、家でゆっくりと充電するバイクはいかがだろうか?

[土肥義則,Business Media 誠]

 会社または最寄の駅までバイク通勤をしているビジネスパーソンは多い。しかしガソリン価格の高騰で「自転車にしようかな……でもちょっと遠いし」と悩んではいないだろうか。そこで走行コストが安い、電動スクーターに乗り換えてみるのはどうだろう。

 家庭用のコンセントで充電できる電気自動車「ジラソーレ」を開発したオートイーブイジャパンは、第2弾として電動スクーターを11月に発売する予定だ。この電動スクーターはリチウムイオン電池※を搭載し、従来のスクーターと比べ走行コストは5分の1で済むため、環境だけではなく家計にも“優しい”1台となりそうだ。

※リチウムイオン電池:エネルギー密度が高く、高い電圧が得られるため、携帯電話などのバッテリーに使われている。
yd_car.jpg イタリア製電気自動車「ジラソーレ」(出典:オートイーブィジャパン)

CO2の排出量や騒音が気になる人に乗って欲しい

 電動自動車ジラソーレの電池は110キログラムだが、電動スクーターは12キログラムと24キログラムの2つのタイプを用意。1回の充電は約2時間、12キログラムの電池で30キロメートル、24キログラムで60キロメートルの走行ができるという。車体にはアルミとABS樹脂を使用することで軽量化を実現し、電力の消費効率と走行距離を高めた。

 一般的なスクーターの場合、1キロ走るのに必要なガソリン代は2円50銭。電動スクーターの電気代は50銭で約5分の1で済む。電池は取り外すことができ、家のコンセントで充電することが可能。「電池は着脱式だが重さは10キロを超える。女性でも持ち運びができるようにキャスターを付けた」(オートイーブイジャパン)。

 CO2の排出量については現在テスト中だが、「大幅に減らせることは確実」(オートイーブイジャパン)。またモーターで走行するため、騒音はほとんどない。

 価格は12キログラムの電池を搭載しているタイプで29万円前後、24キログラムタイプで31万円前後を予定。また2輪車だけではなく、ピザや寿司などの配達用として3輪車の開発も行っている。オートイーブイジャパンは「ガソリン価格の高騰もあり、電動スクーターの需要はかなりあるだろう。主に宅配や配達業者の利用を見込んでいるが、CO2の排出量や騒音が気になる一般の人にも乗って欲しい」とコメント。

 車体のデザインは未公表だが、現在イタリアのデザイン会社「HTM(ウディネ)」と共同で進めている。どんなデザインになるか分からないが、「電動スクーターだけど、ちょっとカッコよく乗りたい」という人にも向いているのかもしれない。

関連キーワード

バイク | 自動車 | ガソリン | 二酸化炭素


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ