ニュース
» 2008年08月08日 15時34分 UPDATE

7月の倒産件数は今年最多の1372件、最も増えた業種は?

[Business Media 誠]

 2008年7月度の全国企業倒産件数(負債額1000万円以上)は1372件、負債総額は6653億3300万円に達していることが、東京商工リサーチの調べで分かった。倒産件数は前年同月比12.9%増で今年最多となり、2003年10月(1368件)以来4年9カ月ぶりに1350件を上回った。

 業種別で見ると、建設業・小売業・不動産業・サービス業の倒産件数が今年最多となり、特に不動産業は前年同月比122.2%増の60件、建設業も同2割増の425件に達した。

 負債総額は前年同月比90.2%増となり、4カ月連続で前年同月比を上回った。負債総額が大幅に増えている要因は「負債100億円以上の大型倒産が11件(今年最多)発生したため」(東京商工リサーチ)。また上場企業の倒産はゼファー(マンション分譲、負債総額949億円)、真柄建設(総合建設業、同348億円)、三平建設(マンション分譲、同168億円)、キョーエイ産業(賃貸マンション建設、同87億)の4件。上場企業の倒産が月間4件発生したのは、2002年4月(6件)以来6年3カ月ぶり。

yd_burst.jpg 産業別の倒産件数と負債総額(出典:東京商工リサーチ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集