トップ10
» 2008年07月30日 15時00分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2008年7月19日〜7月25日):コンビニおにぎりの3つの思い出

「サザエのおにぎりって何?」「ツナマヨを初めて食べたときは驚いた」など、“コンビニのおにぎり”についての話題は盛り上がる。あなたはコンビニのおにぎりを初めて食べたときのことを覚えているだろうか?

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 先週もっとも読まれた記事は、「世界最良の旅行者は日本人、では最悪の旅行者は……?」。6月に掲載されたちょっと古い記事だが、Yahoo! トップに掲載されていた、2位の「“モンスター○○”に遭遇したことある?」の関連記事だった影響で1位になったようだ。

コンビニのおにぎりを初めて食べたときのことを覚えてる?

 ランキングとはまったく関係ないが、先日編集部内でちょっと盛り上がった記事が「好きなおにぎりの具&おにぎりがおいしいと思うコンビニ」。どの具が好きか、ということではなく、「コンビニのおにぎりを初めて食べたときのことを覚えてる?」という話に花が咲いたのだ。

 「初めて食べたとき私は小学生だった」「僕は中学生の頃だったかな?」と話している中で、「コンビニのおにぎりを食べるようになったのは大学以降ですねえ」と言うのは、記者H。編集部でもっとも若手のはずなのに、なぜコンビニおにぎりデビューがもっとも遅いのか、その理由は不明だ(昼食代をゲームセンターにつぎ込んでいたから、だそうだが)。ほかにも「それまではおにぎりって買うものじゃなかったと思う」と、若さに似合わぬコメントを連発していた。

 「ツナマヨおにぎりは衝撃でした」と話すのは記者Dだ。これには筆者も同意。今となってはおにぎりの具の定番といえる「ツナマヨ」だが、初めて食べたときには確かに驚いた。ツナをおにぎりに入れるというのも新しかったが、マヨネーズ+ごはんという組み合わせにビックリして、「気持ち悪くない?」とおそるおそる食べてみたのを覚えている。

 筆者が当時ちょっと感動したのは、「食べる直前にノリを巻く」という仕組みだった。母や祖母が作ってくれるおにぎりは、にぎってすぐにノリを巻くので食べる頃にはしっとりしていた。“おにぎりのノリというのはしっとりしているものだ”と思っていた子どもにとって、「食べる直前にノリを巻くとパリパリ」というのは大発見だったのだ。その後しばらく、お弁当を作ってもらうときには「ノリをラップで包んで、おにぎりと別にして〜?」と親に頼んでいた記憶がある。

 みんな大好き、すっかり日本人の間に定着したコンビニおにぎりだが、それでも家で作るおにぎりにはかなわない、と思う。お弁当を開けておにぎりだとうれしかったし、甘いモノが食べられない子どもだったので、小さい頃はおやつによく塩むすびを作ってもらったのを思い出す。

 それにしても不思議なのは、食欲がなくてごはんが食べたくないときでも、おにぎりになっているとそれだけでおいしく食べられること。シャケや梅やおかかがなくても、具なしの“塩むすび”で充分おいしい。それって、私だけじゃないですよね?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -