連載
» 2008年07月30日 14時39分 UPDATE

神尾寿の時事日想・特別編:病院もホスピタリティの時代――日本初、電子カルテ連動のFeliCa診察券 (1/2)

電子カルテに連動する、FeliCa診察券を導入したクリニックが登場した。医療現場の安全性や効率性、そして顧客の満足度を高めるための診察券とはどのようなものなのだろうか?

[神尾寿,Business Media 誠]

 都心部にありながら、閑静で瀟洒な雰囲気がそこかしこに漂う東京・広尾。緑も豊かな有栖川公園のすぐ近くに、そのクリニックは位置している。といっても、その入り口に病院らしい緊張感や入りにくさはない。落ち着いた色調の建物と控えめな玄関は、居心地のよいカフェのようだ。

 パークサイド広尾レディスクリニックは、女性のためのトータルヘルスをケアし、“女性専門のかかりつけ医”を目指すクリニックだ。婦人科健康相談や妊婦検診をはじめ、女性特有の分野について幅広く専門性のある診療を行っている。

 7月1日、このパークサイド広尾レディスクリニックにおいて、日本初となる電子カルテ連動型のFeliCa診察券が導入された。基本ソリューションとしてフェリカポケットマーケティングの「FeliCaポケット」(参照記事)が採用され、8月1日からはおサイフケータイへの対応も行うという。

 そこで今日の時事日想は特別編として、パークサイド広尾レディスクリニックの事例から、医療分野におけるFeliCaの可能性についてレポートする。

ay_hiroo01.jpgay_hiroo02.jpg パークサイド広尾レディスクリニックは、東京・広尾にある女性向けクリニック(左)。同クリニック事務長の棚町友光氏(右)

更新に合わせて、3000枚の診察券を切り替え

ay_hiroo03.jpg シンプルで質感の高いデザインが印象的なFeliCa診察券。デザインを重視し、30パターン以上の候補から選ばれた

 すべての診察券をFeliCa対応の新システムへ。このプロジェクトはパークサイド広尾レディスクリニック側が企画し、「FeliCaポケットを使いたい」とフェリカポケットマーケティングに問い合わせたところからスタートしたという。

 「(FeliCaに切り替える以前は)磁気ストライプ式のプラスチックカードを診察券として使っていたのですが、ちょうどその更新期が近づいていました。当クリニックでは、最新の電子情報サービスを構築するとともに、イメージアップも図りたかった。そのような理由から、FeliCaの採用に向けて動き出しました」(パークサイド広尾レディスクリニック事務長の棚町友光氏)

 旧来の磁気ストライプ式カードの発行枚数は、アクティブなものだけでも約3000枚ほど。これをすべてFeliCa型の新システムに移行すれば、当然ながら導入コストがかかる。しかし、パークサイド広尾レディスクリニックの狙いは、単なる「診察券の代替」ではなく、さらに総合的な電子患者情報サービスを構築するところにあった。そのため“かざすだけ”というFeliCaの使いやすさ・イメージのよさだけでなく、機能的な拡張性も重視したという。

 「電子カルテシステムについては3年前に導入していたのですが、新たな診察券はこれと連動する形にしたかったのです。またセキュリティや個人情報保護という観点からも、患者の皆さまに安心していただける最新のシステムにしたかった。

 また、コストという点ですけれども、初期投資は確かに(磁気ストライプ式の)更新よりかかりますが、FeliCaは広く普及している技術ですので、設備の追加や拡張といった点で見れば(コスト的に)有利な点が多いと考えています」(棚町氏)

 パークサイド広尾レディスクリニックの採用したFeliCa診察券は、同クリニックが構築した独自の医療サービス「PIECe (ピース、Patient Information Electric Card Systemの略)」に組み込まれている。PIECeは患者ひとりひとりの情報を管理しており、院内に保存されている電子カルテとも連動。FeliCa診察券は患者の識別・認証する鍵として用いられている。

 「セキュリティという観点では、FeliCa診察券の中に保存されているのはID情報だけです。これをクリニック内の受付や、診察段階で(リーダー/ライターで)認証することで、サーバー側からひとりひとりの個人情報を呼び出します。磁気ストライプ型の診察券(の運用)では、カード内に名前や生年月日などの個人情報を保存するケースが多いのですが、PIECeではFeliCa診察券を個人認証の鍵として使うことで、個人情報が漏洩しない仕組みにしています」(棚町氏)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集