調査リポート
» 2008年07月16日 17時17分 UPDATE

キャッシュカードはどんな色?――色から分かるあなたの性格

キャッシュカードの色で人気なのはブルーやブラック。その色からはカードを持つ人の性格も推し量れるという。新生銀行の調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 自由にキャッシュカードの色を選べるなら、あなたはどんな色を選ぶだろうか。何気ない選択にも思えるが、そこからあなたの性格が読み取れるようだ。

 新生銀行では口座開設の際にキャッシュカードの色を32色から選べるが、全体で1番人気があったのはビッグスカイ(ブルー系)で15.6%の人が選んだことが分かった。2位はミッドナイト(ブラック系)で13.3%、3位はベビーフェイス(ピンク系)で7.8%。調査対象は、2005年6月から2008年4月の期間に総合口座パワーフレックスを開設した91万8339人。

ah_ninki.jpg キャッシュカードで人気の色(出典:新生銀行)

色の選択が表す意味は?

 財団法人日本色彩研究所の名取和幸氏によると、海や空などが想像されるブルーを選ぶ人は「物事を長期で考える」「理想を求める」といった傾向があるという。一方、高級感や格式が想像されるブラックを選ぶ人は、「結果をすぐに求める」「実質的」といった気質があるとのこと。

 男性ではビッグスカイ(ブルー系)とミッドナイト(ブラック系)を選ぶ人がそれぞれ20%強で1、2位を占めている。理想を求める男性と現実を見る男性が世の中に同じぐらい存在するということかもしれない。

 また、ピンクは「女性らしさを表す」(名取氏)ということで女性からの人気が高い。女性の1位、2位にはピンク系の「ベビーフェイス」と「チェリーブロッサム」がランクインしている。しかし、年代が上がるにつれ、ピンクを選ぶ割合は減っている。

 気になる人の性格を推測するために、これからはキャッシュカードの色をチェックしてみてはいかがだろうか。

ah_nenrei.jpg キャッシュカードで人気の色(年代別、出典:新生銀行)

関連キーワード

キャッシュカード | 銀行


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ