調査リポート
» 2008年07月09日 19時02分 UPDATE

レギュラーガソリンの全国平均価格が初めて180円を突破

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 7月9日、石油情報センターはガソリンの店頭価格(7月7日時点)を公表した。全国平均のレギュラーガソリン小売価格(1リットル当たり、税込)は181.5円と、前週に比べて9.5円上昇した。都道府県別で最高は長崎県で188.4円、最低は沖縄県で174.9円。「原油価格上昇を受けて、石油元売り各社が卸売価格を7.3円〜10円値上げしたのが主因」(同センター)という。

 180円を超えたのは今回が初めて。これは同センターの記録に残る1987年以降の最高値で、昨年から調査開始以来の最高値を更新し続けている。新興国の需要増などを受けて原油価格が急騰する中、レギュラーガソリン価格も1999年5月の90円を底として上昇トレンドに入っており、2004年頃からはその速度をさらに増している。

ah_gasorin.jpg 1リットル当たりのレギュラーガソリン価格の推移(各年12月時点の価格、2008年は7月7日時点)

関連キーワード

ガソリン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集