調査リポート
» 2008年07月09日 15時29分 UPDATE

ついやってしまう“ガチャガチャ”のジャンルは?

[Business Media 誠]

 コインを入れてレバーを回すと、カプセルに入ったおもちゃが出てくるアレ。「ガチャガチャ」「ガシャポン」などの呼び方があるが、実は「カプセルトイ」が正式名だ。スーパーやおもちゃ屋などに置いてあるカプセルトイをついつい買ってしまった、という人もいるだろう。

 カプセルトイを購入したことがある人は、最近1年間でカプセルトイにどれくらいのお金を使っているのだろうか。マイボイスコムの調査によると、費やした金額は「500円以上〜1000円未満」が11.0%、「1000円以上3000円未満」が10.2%だったほか、「最近1年間は購入していない」が37.2%だった。

 カプセルトイの購入場所は「スーパー」が断トツで48.9%、次いで「おもちゃ屋」(30.6%)、「ゲームセンター」(24.2%)、「駄菓子屋」(22.4%)、「ショッピングセンター」(19.4%)と続いた。買ったことがあるカプセルトイの種類を聞いたところ、1位は「フィギュア」(43.3%)、2位「キーホルダー」(35.6%)、3位「ストラップ」(24.7%)、4位「キャラクター消しゴム」(21.5%)、5位「スーパーボール」(13.1%)と、上位4位までは2割を超えた。

 インターネットによる調査で、1万3797人(男性46%、女性54%)が回答した。年代別で見ると、10代1%、20代15%、30代39%、40代29%、50代以上16%。調査期間は6月1日から6月5日まで。

yd_toy.jpg 購入したことのあるカプセルトイのジャンル(出典:マイボイスコム)

カプセルトイを買う理由と買わない理由

 カプセルトイを買わない人は「なぜ大人になって、カプセルトイを購入するのだろうか?」といった疑問を抱くかもしれない。カプセルトイを買う人に購入理由を聞いたところ、「自分が欲しい商品がある」(49.7%)、「子どもが欲しい商品がある」(38.1%)、「何が出てくるか分からない楽しみがある」(12.6%)という結果が出た。

 逆に購入しない人の理由は「無駄だから」(40.6%)、「欲しい商品がない」(32.9%)、「何が出てくるか分からないから」(15.9%)と続いた。

yd_toy1.jpg カプセルを購入しない理由(出典:マイボイスコム)

 カプセルトイで欲しい商品を自由に回答してもらったところ、「エコロジーをテーマにした缶バッジ。楽しみだけでなく、本当の意味でのコミュニケーションになるものがカプセルトイでも必要では?」(男性36歳)、「好きなブランド(バッグや小物)のミニチュア」(女性55歳)、「地域限定品でカプセルトイでしか買えない実用的なものであれば、お土産などで買う」(女性42歳)といった意見があった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集