速報
» 2008年07月04日 16時08分 UPDATE

太陽光発電パネルを東京駅ホーム屋根に設置――JR東日本

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 7月2日、JR東日本は東京駅の東海道線ホーム(9・10番線ホーム)屋根に太陽光発電パネルを設置すると発表した。発電した電力は駅の照明や空調などに使用するという。パネルの面積は約3000平方メートルで、出力は390キロワット。2009年度から施工を始め、2010年度に使用を開始する。事業費は約11億円を見込んでいる。「9・10番線ホームが老朽化しているため、上空からの見栄えを良くしたいという狙いもある」(広報部)。

ah_sun.jpg 設置イメージ図(青い部分、出典:JR東日本)

 同社では鉄道事業のCO2排出量を2030年度までに50%削減(1990年度比)する目標を掲げており、この取り組みはその一環。太陽光発電パネルの設置によって、年間で約90トンのCO2削減効果が見込まれるという(東京駅全体の排出量の0.3%)。導入後の実績によっては、東海道線以外のホームへの拡大も検討していく。

ah_koka.jpg 発電量とCO2削減効果(出典:JR東日本)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集