ニュース
» 2008年06月25日 14時34分 UPDATE

佐川急便と千趣会、ネット通販で「CO2排出権付き飛脚宅配便」

佐川急便と千趣会は、ショッピングサイトで商品を購入したときに、配送料に1円余分に加えるだけで、3円分のCO2排出権購入に貢献できるサービスを9月から始める。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 千趣会が運営するショッピングサイト「ベルメゾンネット」で商品を購入した後、配送方法で「CO2排出権付き飛脚宅配便」を選択すると、「商品購入者」「千趣会」「佐川急便」がCO2排出権としてそれぞれ1円を負担。合計3円分のCO2排出権が佐川急便から日本政府に無償譲渡され、京都議定書での温室ガス削減目標であるマイナス6%にカウントされる。

 佐川急便によると、宅配便1個当たりの輸送にかかるCO2排出量は346グラムで、これは排出権取引では1円分に当たる。「CO2排出権付き飛脚宅配便」を1回利用すると3円分貢献できるので、1038グラムの排出権購入に貢献できることになる。

 期間は2008年9月1日から12月31日まで。ただし、期間内であっても佐川急便が購入した1万トンのCO2排出権が引き当てられ次第終了となる。

ah_sagawa.jpg サービスの仕組み(出典:佐川急便)

関連キーワード

二酸化炭素 | 排出権取引 | 京都議定書


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集