ニュース
» 2008年06月25日 07時53分 UPDATE

オンライン利用者、2012年には世界人口の4分の1に――米予測

国別のオンライン利用者数では、2011年に中国が米国を抜いて首位に立つ見通しだ。

[ITmedia]

 オンライン利用者は、2012年には世界で18億人に達する――調査会社の米JupiterResearchが6月24日、こんな調査予測を発表した。オンライン利用者は2007年から2012年にかけて44%増加し、2012年には世界人口の4分の1が、定期的にインターネットにアクセスするようになるという。

 特に新興諸国では、オンライン人口は今後5年間、2けたペースで伸び続ける見通し。それでも、新興諸国での2012年のオンラインの普及レベルは、米国の2000年のレベルに届くのがやっとだという。

 オンライン人口の伸びが特に大きいのは、ブラジルやロシア、インド、中国など。国別のオンライン利用者数では、2011年までに中国が米国を抜いてトップに立ち、インドが3位につける見通しだという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集