ニュース
» 2008年06月23日 15時00分 UPDATE

チャイルドシート、正しく取り付けていないケースが約7割

小さな子どもをクルマに乗せるときに、着用が義務づけられているチャイルドシート。着用率は5年ぶりに5割を超えたが、正しく使えている人はむしろ少数派なようだ。

[Business Media 誠]

 JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)と警察庁は6月19日、チャイルドシート※について、2つの調査結果を発表した。

※ここでは、乳児用シート、幼児用シート、学童用シートを総称してチャイルドシートと呼ぶ。

 調査を行ったのは、「チャイルドシートの使用状況」と、「チャイルドシートの取付け状況について」の2つ。

1歳未満の子どもは8割近くがチャイルドシートを着用

 チャイルドシートの使用状況については、4月20日から4月30日の間、全国都道府県102カ所で、1万3003人の子どもを対象に調査を行った。この調査は毎年実施しているもので、6歳未満の子どもの使用率は50.2%(2007年は46.9%)。2003年以来、5年ぶりに半数を超えた。

ay_seat01.gif チャイルドシート使用率の変化(出典:警察庁/JAF)

 年齢別に見ると、1歳未満がもっとも使用率が高く(79.1%)、1〜4歳が50.8%、5歳が26.0%と、子どもの年齢が上がる毎に使用率は下がっていく。

 6歳未満の子ども全体について、都道府県別に結果を見ると、使用率がもっとも高いのは熊本県(69.5%)。次いで愛知県(66.4%)、三重県(63.3%)、京都府(61.9%)、東京都(61.8%)となった。もっとも低かったのは秋田県(33.5%)、宮崎県(36.0%)、愛媛県(37.0%)。

ay_seat02.gif 使用状況の概況と、年齢別の結果(出典:警察庁/JAF)

正しく取り付られているチャイルドシートは約3割?

 チャイルドシートを使っていても、正しく装着できているとは限らない。JAFと警察庁では、取付状況や着座状況についても調査を行っている。期間は4月20日から30日まで、全国8地域(北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県)の合計17カ所で、クルマ413台、子ども622人について調べた。チェックしたのは以下の項目。

取付状況調査チェック項目

  1. 腰ベルトの締付け不足(張力50N未満)
  2. 座席ベルトの通し方(通し位置の間違い)
  3. 座席ベルトの長さ不足(車両との不適合)
  4. 座席ベルト(バックル側)の不適合(車両との不適合)
  5. 固定金具等の不備・誤使用
  6. サポートレッグの調節不良(車両フロアへの接地不良)
  7. 車両座面形状との不適合
  8. ISO-FIXロアアンカーの調節不良
  9. ISO-FIXサポートレッグの調節不良(車両フロアへの未設置等)
  10. トップテザーの調節不良
  11. 車両シートに置いただけ
  12. その他

 取付状況については、乳児用チャイルドシート(202台)と幼児用チャイルドシート(211台)を対象に調査した。使用されていたチャイルドシート413台のうち、しっかり正しく取り付けられていたものは約3割。残る7割はミスユースがあった。もっとも多かったのは「腰ベルトの締め付け不足」で半数以上。次いで、「座席ベルトの通し方(が間違っている)」「固定金具などの不備・誤使用」もいずれも1割以上。このほか、「シートに置いただけ」というケースも1%以上あった。

ay_seat03.gif
ay_seat05.gif (出典:警察庁/JAF)

乳幼児用チャイルドシートは、ハーネスの締め付けが適正でないケースが4割以上

 チャイルドシートを使っている子どもが、しっかり座っているかも調査した。調査項目は以下の通り。

乳児用/幼児用チャイルドシート着座状況

  1. 体格不適合(装置に対する使用時期が合っているか)
  2. ハーネスの高さ調節
  3. ハーネスの締め付け
  4. ハーネスのよじれ、ねじれ
  5. 乳児用背もたれ角度
  6. その他

学童用チャイルドシート着座状況

  1. 体格不適合(装置に対する使用時期が合っているか)
  2. 肩ベルトの通し方は合っているか
  3. 腰ベルトの通し方は合っているか
  4. 肩・腰ベルトの通し方は合っているか
  5. 座席ベルトはよじれ/ねじれていないか
  6. 指定外のベルト(2点式など)を使っていないか
  7. その他

 正しくしっかり着座できていた子どもは約6割。残る4割の子どもはミスユースがあった。乳児・幼児のミスユースでもっとも多かったのは「ハーネスの締め付けが不適正」、ついで「ハーネスがよじれている」「ハーネスの高さ調節(が正しくない)」となった。

 学童用シートでは「装置に対する使用時期が合っていない」(32.6%)「肩ベルトの通し間違い」(23.3%)「腰ベルトの通し方間違い」(16.3%)が多く、この3つで72%以上となっている。

ay_seat04.gif
ay_seat06.gif (出典:警察庁/JAF)

関連キーワード

子供 | 自動車 | 車載


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ