ニュース
» 2008年06月10日 17時48分 UPDATE

ドコモ、耐久性の高い車載向けの「FOMAテレマティクスモジュール」を開発

NTTドコモは6月9日、車載機器などに組み込んで利用するためのFOMA通信モジュールを開発したと発表。音声通話、パケット通信、テレビ電話に対応し、過酷な環境下でも動作する耐久性を持たせた。

[ITmedia]

 NTTドコモは6月9日、自動車や車載機器、ナビゲーションシステムなどに組み込んで利用するFOMA通信モジュール「FOMAテレマティクスモジュール」を開発したと発表した。機器メーカーは京セラで、2009年2月に発売する。

Photo ドコモが開発した「FOMAテレマティクスモジュール」。すでに発売中のFOMAユビキタスモジュールよりも過酷な環境下での利用を想定し、高い耐久性を持たせている。パケット通信だけでなく音声通話やテレビ電話機能もサポートする

 FOMAテレマティクスモジュールは、音声通話、パケット通信とテレビ電話をサポートしており、マルチアクセスを利用した緊急通報、交通情報の取得や発信、ハンズフリー通話、重機監視、運行管理など、さまざまな用途での利用を想定している。通信速度は下り最大384kbps、上り最大64kbpsで、周波数帯は2GHzと800MHzをサポート。外形寸法は約52(幅)×60(長さ)×8.6(厚さ)ミリで、重量は約29グラム。

 ドコモはマシンコミュニケーション市場向けの通信モジュールとして、すでに「FOMAユビキタスモジュール」を開発し、販売しているが、新開発のテレマティクスモジュールはユビキタスモジュールよりも環境条件が厳しい車載利用が前提となっており、高温/低温環境や高湿度環境でも動作するよう、高い耐久性を持たせた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集