調査リポート
» 2008年06月04日 19時02分 UPDATE

サラリーマンの理想の小遣いは7万1600円、現実は4万6300円

GE Moneyの調査によると、過去30年間のサラリーマンの小遣いは日経平均株価の動向を追うようにして増減してきた。昨年以降、サブプライムローン問題に端を発し、日経平均株価は低迷している……ということはサラリーマンの小遣いは減ってしまったのだろうか? 

[土肥義則,Business Media 誠]

 なかなか給与が上昇しない一方で、相次ぐガソリンや生活必需品の値上げの影響は、サラリーマンの小遣いにどれくらいの影響を与えているのだろうか? 2008年のサラリーマンの1カ月の平均小遣いは「4万6300円」で昨年に比べ−2000円。4年ぶりにマイナスになったことが、GE Moneyの調べで分かった。

yd_money.jpg サラリーマンの平均小遣い額(出典:GE Money)

 ここ10年の小遣いの推移を見ると、1997年の6万6900円をピークに2004年の3万8300円まで減少傾向にあったが、その後、2007年まで3年連続で回復基調に戻った。今年、減少に転じた理由について「サブプライムローン問題に端を発した米国経済の減速、ガソリンや小麦など生活必需品の価格上昇など、サラリーマンをとり巻く環境に大きな変化があった。こうした変化は今年の小遣い額にも影響を与えた」(GE Money)と分析している。

 年代別で見ると、40代を除いてすべての年代で小遣いは減少。減少額は30代が最も大きく4800円、次いで20代の4400円、50代の2600円だった。小遣いが最も多い20代と最も低い30代の差は1万1000円で、年代間の小遣いの差は昨年の1万4000円と比べ縮まった。

 インターネットによる調査で、全国の男性サラリーマン500人(未婚47.2%、既婚52.8%)が回答した。調査期間は4月19日から4月20日まで。

yd_money1.jpg サラリーマンの小遣いの推移(クリックして拡大、出典:GE Money)

理想の小遣いはいくら?

 理想の小遣いを聞いたところ、昨年と比べ−3200円の「7万1600円」。小遣いの理想と現実の差は、昨年の2万6000円と比べ700円縮まり2万5300円だった。年代別で見ると、理想の小遣い額が最も高いのは、20代の7万7800円で現実との差は2万6100円。既婚者層(5万7000円)と子どもがいる層(5万7800円)の理想額は、ほかと比べて低いことから「子どもの教育費など何かと物入りなお父さんたちからは、控えめで現実的な金銭感覚がうかがえた」(GE Money)

 お金のこと以外で、サラリーマンはどんなことに不安を感じているのだろうか。最も多かったのは「自分の将来設計」で47.4%、次いで「老後」(41.8%)「会社の将来」(27.0%)と、いずれも“将来”に関することで、年金や少子化などを反映しているようだ。20代と30代の約5割は「自分の将来設計」を心配しており、20代は「職場の人間関係」にも不安を感じている人が多かった。

yd_money2.jpg お金のこと以外でどんなことに不安を感じているか? (出典:GE Money)

 社会問題として“格差”がよく取り上げられているが、サラリーマンの9割は何らかの格差を感じているという結果が出た。格差を実感することとしては「年収」が68.6%で断トツ、次いで「自由に使えるお金」が39.2%。年代別で見ると、20代は「交友関係」、30代は「服装や持ち物」、40代は「趣味」を他人と比べるときに、格差を感じているようだ。

関連キーワード

小遣い | お金 | 格差 | 不安 | 貯蓄 | 金融資産


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ