ニュース
» 2008年05月19日 21時07分 UPDATE

売り手市場の新卒採用、内定者が多い業種は?

[Business Media 誠]

 新卒採用で売り手市場が続いているが、来春卒業する大学生の就職活動はどのような状況になっているのだろうか。5月1日現在で内定を得た学生の割合は前年(65.7%)をわずかに下回り、63.0%であることがディスコの調べで分かった。

 「学生の内定率は前年並みの高水準だが、前年をわずかに下回った背景には、業況の先行きを慎重に読む企業が増えているから」(ディスコ)としている。

 インターネットによる調査で、2009年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課1年生含む)1234人(文系男子425人、文系女子361人、理系男子309人、理系女子139人)が回答した。調査期間は5月1日から5月7日まで。

文系は「銀行」、理系は「情報処理・ソフトウエア」の内定者が多い

 内定を得ている学生の1人当たりの内定社数は、平均で2.1社。内定者のうち、就職活動を終了した人は65.1%で、前年より3.4ポイント増加していることから「今年の学生は、内定を得て早く就職活動を終了させるという傾向がうかがえる」(ディスコ)

 内定を得ている学生に内定先業種を聞いたところ、文系は「銀行」が最も多く28.2%、次いで「保険」「情報処理・ソフトウエア」(いずれも15.5%)、「証券・投信・投資顧問」(9.0%)と金融業が上位にランクイン。一方で理系は「情報処理・ソフトウエア」が27.7%でトップ、「建設・住宅・不動産」(20.7%)、「電子・電機」(18.7%)、「自動車・輸送用機器」(16.0%)と続いた。

yd_naitei.jpg 内定を得た業種ランク(クリックして拡大)

関連キーワード

就職 | 新入社員 | 銀行 | 転職


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集