連載
» 2008年05月19日 15時09分 UPDATE

ロサンゼルスMBA留学日記:トイレの紙の消費量は?――面接官の質問に“四苦八苦”

MBAの学生にとって人気の就職先の1つが「戦略コンサルティング」。戦略コンサルティングではちょっと変わった面接を実施するところが多い、例えば「1日のトイレットペーパーの消費量は?」と聞かれたら、学生は数字を使って論理的に回答しなければならないのだ。

[新崎幸夫,Business Media 誠]

著者プロフィール:新崎幸夫

南カリフォルニア大学のMBA(ビジネススクール)在学中。映像関連の新興Webメディアに興味をもち、映画産業の本場・ロサンゼルスでメディアビジネスを学ぶ。専門分野はモバイル・ブロードバンドだが、著作権や通信行政など複数のテーマを幅広く取材する。


 MBA卒業生に人気の就職先として、必ず名前が挙がる「投資銀行」を前回紹介した(関連記事)。もう1つの人気就職先が「戦略コンサルティング」だ。

 ただしこの戦略コンサルティングファームに就職するとなれば、避けて通れないのが「ケース面接」だ。ケース面接とは何か、どんな回答をするのが正しいのかを紹介しよう。

“トイレットペーパー”に四苦八苦する学生たち

 そもそもケース面接とは何か。就職活動といえば書類選考のあとに面接があり、ここで志望動機や経歴などを聞かれる。そして「この局面であなたはどう考える?」という形式の質問が飛んでくることがある。これがケース面接だ。コンサル業界では、この種の面接が頻繁に行われている。

 具体的には以下のようなものだ。「日本全国の1日のトイレットペーパーの消費量を知りたい。どんな方法で推測したらよいだろうか?」

 なぜそんなくだらないことを……もしやこの面接官はトイレットペーパーマニアなのか、など邪推をしてはいけない。とにかくトイレットペーパーの消費量を考えるのである。ついでにいうと「業界に詳しい人に聞いたらいいのでは?」といった回答はNGで、面接官が知りたいのは学生がどのような思考過程を経て、課題に取り組み結論に至るかということなのだ。それが合理的で致命的な見落としがなく、できる限り具体的な数値に落とし込めているか、などを見る。だから「そんなの“ググッ”たら一発ですよ」という回答には、キツイ反撃が待っている。「では、仮にあなたが企業経営を任された場合、どうすればいいのか? 毎日ググるのですか?」。ここはやはり、自分の頭で考えなければいけないのだ。

 せっかくなので、回答例を作成してみよう。断っておくが完全に正しい回答など存在しないし、以下の説明が模範解答というわけでもない。「どんな感じか」ということだけつかんでいただきたい。

とりあえず数字をでっちあげる

 まずは、トイレットペーパーの消費量が何によって決まるかを考えてみる。疑いもなく、トイレに行く人間の数×その人間が1日にトイレにいった回数×1回に使用した紙の量、によって決まるのである。なんとなく、計算に必要なファクターが3個ぐらいある。人間を(N)、回数を(K)、紙の量を(R)として、トイレの紙の消費量=N×K×Rなどと書き付けてみる。

 日本全国で考えると、トイレに行く人間は1億2000万人いることになる。トイレに行かない(または用を足さない)人間というのは、まずいない。だからN=1億2000万としてさしつかえないだろう。しかし、トイレに頻繁に行く人間もいれば、あまり行かない人間もいる。かの有名なフードファイター、ギャル曽根さんは大量に食った後、頻繁にトイレに行くのだそうだ。かと思えば便秘の人間もいる。ここは平均をとって、1日1回としてみよう。Kは1だ。

 紙の消費量は、1.5メートルぐらいだろうか? 60センチで済ませる人もいるだろうが、その逆に大量に消費する人間もいるだろう。トイレットペーパー1ロールが、何回トイレに行くとなくなるだろうか。仮に20回とすると、1回の消費量は20分の1ロールとなる。R=20分の1ロールと仮定しよう。

 これで計算は終了。N×K×R=1億2000万×1×(20分の1)で、「600万ロールです」と答える。

 だがこれだけでは、ちょっとモデルが簡単過ぎるかもしれない。いじわるな目をした面接官が、さらに聞いてくる。「そのモデルは、レストランなどの店舗での消費量を考慮していますか?」。こうなると、少しモデルを細分化する必要が出てくる。

モデルを洗練させていく

 レストランやデパートなどでは、備え付けの紙が用意されている。このため人はつい嬉しくなって、「大盤振る舞い」の消費をするとしよう。いつもの倍使うと仮定すると、10分の1ロールだ。しかし機会としては家庭でトイレにいく可能性(頻度)の方が高く、70%家庭、30%が出先とする。ちなみに公衆便所に行けばトイレットペーパーがなかったので、ありあわせのティッシュで済ませましたとか、そういうケースをモデルに組み込んでもいい。ここでは家庭と出先(レストラン、デパートなど)だけで考える。

R =70%×(20分の1ロール)+30%×(10分の1ロール)=0.065ロール

 とする。これでモデルの中に「出先でトイレに行く率」と「出先で消費するトイレットペーパーの量」という2つのファクターが追加された。

 1億2000万人を十把ひとからげにするのはどうかという議論も、あるかもしれない。例えば年配の方はモノを大切にする傾向があり、トイレットペーパーの消費量が少ないかもしれない。一方で若者はきれい好きで、たくさんの紙を使うとしよう。男女差もあるかもしれない。女性は男性の2倍紙を使うとか、逆に赤ちゃんなら、オムツを使うがトイレットペーパーは使わないので、消費量はゼロになるとか、そういった仮説を立てて細分化していく。

 ここではざっくり、1億2000万人を「トイレ非利用層(赤ん坊など):500万人」「通常利用層:6000万人」「少量消費層:2500万人」「大量消費層(女子高生など):3000万人」と分類し、それぞれ「利用ファクター」を掛け算して数字を補正してみる。赤ん坊の利用ファクターはゼロで、大量消費層の利用ファクターは2(2倍)である。これにより、

N =500万×0+6000万×1+2500万×0.5+3000万×2=1億3250万

 と書き換えることができる。だんだんモデルが複雑化してきたが、おかげで多少の分析ができるようになっている。つまり「トイレットペーパーの消費量を増やすには、大量消費者層の使用量を増やすことが肝心(利用ファクターを2でなく3にしてみる)」とか、「いや違う、家庭での消費量を増やしてもらうような工夫が重要(20分の1=15分の1にする)」といった議論ができる。

 さらに感応度分析(さまざまな数値を入れ換えて分析すること)をして、要素ごとの変化がトータルの消費量にどれくらいの影響を与えるかチェックしてもいい。

yd_sensitivity_analysis.jpg

 要は理路整然と場合分けして、数字ベースで物事をしゃべること。ここで書いた例よりも優れたモデルが、いくらでも考え出せると思う。そしてそれを、分かりやすく伝えられれば、面接に通過する可能性は高くなる。

 ともあれ、学生が首尾よくトイレットペーパーの1日の消費量を割り出したとしよう。後日、2次面接にお進みくださいとの連絡を受け取り、学生は意気揚々と会場に向かう。そこで面接官は、ニッコリ笑ってこんな質問をするのである。

 「えーとそれじゃあ、日本にどれくらいゴキブリがいるか、考えてみましょうか」

関連キーワード

面接 | トイレ | 就職 | 転職 | コンサルタント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集