ニュース
» 2008年05月13日 15時57分 UPDATE

資産運用で興味があるのは「外貨預金」「株式」「FX」

[Business Media 誠]

 急激な円高にも一服感が出るなど金融市場が安定しつつある中で、どういった金融商品に関心を持っているのだろうか。興味を持っている金融商品は「外貨預金」が最も多く28.0%、次いで「株式」(25.2%)、「外国為替証拠金取引(FX)」(21.0%)、「投資信託」(20.8%)であることが、新生銀行の調べで分かった。

 中でも3位にランクインしたFXはここ数年、急速に市場が拡大している(関連記事)。手数料の安さなどが魅力の1つといわれているが、今後はFXで資産運用をする人が増えていくかもしれない。

 インターネットによる調査で、首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)在住の20歳以上の男女600人(男女300人ずつ)が回答した。調査期間は4月4日から4月6日まで。

yd_money.jpg 現在していないが、興味を持っている金融商品

ネットを通じた情報提供を重視

 現在利用している資産運用の相談サービスで、魅力的に感じているものは何だろうか。最も多かったのは「ネット(Webサイト)を通じた情報提供が充実していること」で30.9%、次いで「ネットや電話で購入できる商品があること」(23.4%)、「サービスを受ける手続きが簡単なこと」(21.6%)だった。

 一方で「専任の担当者が相談にのってくれる」と回答した人は10.5%にとどまった。ネットによる調査とはいえ、金融機関の担当者に相談することよりも、Webサイトからの情報を重視しているようだ。

yd_money1.jpg 現在利用している資産運用相談に関するサービスで、魅力的だと感じるサービス

関連キーワード

預金 | 銀行 | 金融商品 | 投資 | 為替 |


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -